デジタル庁の創設、電帳法対応などデジタル活用の動きが加速しています。
企業の競争力強化、人材不足への対応など将来を見据えた取り組みに向けてデジタル推進は避けては通れない課題の1つです。
デジタル推進に向けて、まずは第一歩となる紙業務のペーパーレス化を考えてみませんか?



目次

  1. 紙があることで生じる様々な問題
  2. 紙のデジタル化で得られる3つの効果
  3. 紙のデジタル化におけるポイント
  4. デジタル推進の要はペーパーレス化!~5大 紙業務の課題を解決~
    ①社内申請承認業務
    ②取引先との契約
    ③取引先との紙帳票(請求書・注文書など)の入力業務
    ④電子帳簿保存法への対応
    ⑤デジタル文書の一元管理 
  5. 関連資料
  6. お問い合わせ

   紙があることで生じる様々な問題



   紙のデジタル化で得られる3つの効果

紙をデジタル化することで様々なメリットが得られますが、主に3つの効果が期待できます


>TOPへ戻る

   紙のデジタル化におけるポイント


また、現行のプロセスには必要のない作業が入っている可能性があるため、

全体の業務プロセスの見直しを図ることも重要です。




前後のプロセスにひとつでもアナログな作業が残っていれば、問題解決には至りません


   デジタル推進の要はペーパーレス化!~5大 紙業務の課題を解決~

紙のデジタル化を検討するにあたって、まずは社内における紙関連業務に目を向けてみましょう。
従来より紙を用いられてきた業務には、以下のような5つの課題があります。

        


①社内申請承認業務



解決策など詳細はこちら


②取引先との契約



解決策など詳細はこちら

>TOPへ戻る


③取引先との紙帳票(請求書・注文書など)の入力業務



解決策など詳細はこちら


④電子帳簿保存法への対応



解決策など詳細はこちら


⑤デジタル文書の一元管理


社内のペーパーレス化が進むと、デジタル化した文書の管理や取り扱い方が重要になってきます。
何も意識せずにペーパーレス化を進めると、デジタル文書が散らばり、
セキュリティリスクや生産性の低下を招きます。



解決策など詳細はこちら


   関連資料

デジタル化推進の要はペーパーレス化!~紙が使われる5大業務の課題を解決~



    >TOPへ戻る

    ご質問・ご相談はこちら