表示対象:
申込受付中
視聴期間:2022年9月16日(金)~11月4日(金)申込期間:2022年11月3日(木)迄 形式:オンデマンド配信 主催:NECネクサソリューションズ   第1部 化学系製造業におけるこれからの業務改善1. ものづくりを取巻く環境変化・戦略の変遷2. 現代のデジタル技術でできること3. 化学系製造業におけるデジタル技術を活用した改善事例  ①開発・設計業務の改善事例 ②生産現場の改善事例 ③原価管理マネジメントの強化ポイント【講師】株式会社日本能率協会コンサルティング チーフ・コンサルタント生産コンサルティング事業本部 生産エンジニアリング革新センター 山本 真也 氏   第2部 EXPLANNER/Z原価見える化の仕組みご紹介現場業務改善を効率よく実現する為には、デジタルツールを使った現状把握が必要となります。今回は、ERPシステム『EXPLANNER/Z』と可視化BIダッシュボード『MotionBoard※』による『原価見える化』の仕組みと実際の化学系製造業の特性に沿った原価把握と分析をご説明します。※「MotionBoard」はウイングアーク1st.社の登録商標です【説明】NECネクサソリューションズ◆お申し込みに際して:同業の企業様、個人のお客様の申し込みはお断りする場合がございます。
  • 6
申込受付中
開催日時:2022年9月9月(金)15時~16時申込期間:2022年9月8日(木)迄会 場:Webセミナー主 催:NECネクサソリューションズ共 催:株式会社オービックビジネスコンサルタント   第1部 人事労務業務をまるごとデジタル化する、奉行クラウド HR DX Suite導入効果と強み2025年には超高齢社会へ突入し、数百万規模の人材不足が起こると予想されています。人事労務業務のDX化・ペーパーレス化は、限られた人材リソースを最大限活用し、大きな成果を生み出す体制作りに欠かせません。本セミナーでは、なぜDXが必要なのか?という背景から、人事労務業務のDXを具体的に実現するサービス「奉行クラウドHR DX Suite」による人事労務業務の未来をご覧いただきます。【講師】 株式会社オービックビジネスコンサルタント   第2部 成功企業に学ぶ 年末調整業務デジタル化の超短時間攻略法セミナー今年もいつも通り年末調整の時期がやってきますが、以下のような様々な理由でアナログな管理のまま進んでいる企業様もあります。 ◇社内の合意が得られない。 ◇稟議進めたいんだけど時間がない。 ◇税理士(社労士)に委託してる。社内(特に経営者様)との合意も、稟議書の作成も、「超短時間」で実現する方法があります。今回のセミナーでは、年調システム導入までのステップ・ポイントと、具体的に効果測定・稟議までの資料を作成できるEXCELツールのご紹介します。【講師】 株式会社オービックビジネスコンサルタント
  • 2
申込受付中
視聴期間:2022年8月23日(火)~9月30日(金)申込期間:2022年7月25日(月)~9月29日(木)形式:オンデマンド配信主催:NECネクサソリューションズ共催:NECプラットフォームズ   第1部 『現場作業』における自動認識ソリューションのご紹介現場改善を進めるためには、設備や人・部材などの流れや稼働情報を統合的に可視化・分析することが必要です。第1部では、自動認識ソリューションを利用したデータ化の手法について、具体的な活用シーンを交えてご紹介します。  ・生産実績集計 ・設備自動監視 ・人作業の時間計測   ・人作業の把握 ・人/物の所在    ・温度状況監視【説明】NECプラットフォームズ   第2部 『搬送工程』における自動認識ソリューションのご紹介第2部では、様々な業態の製造業様の搬送工程における改善事例について、各ソリューションの動きも含めてご紹介します。・荷物サイズ計測ユニット for コンベア・段ボール開梱機・ボトル液中異物検査機・荷物無人引受機【説明】NECプラットフォームズ◇お申し込みに際して:同業の企業様、個人のお客様の申し込みはお断りする場合がございます。 関連情報 第24回 自動認識総合展 ≫詳細はこちら(公式サイトへ遷移します)~国内唯一の自動認識技術、ソリューションの専門展示会~日時:2022年9月14日(水)~9月16日(金)10:00〜17:00場所:東京ビッグサイト 西4ホール主催:一般社団法人日本自動認識システム協会 
  • 4
本日セミナー開催
視聴期間:2022年7月21日(木)17時~ 9月30日(金)申込期間:2022年9月29日(木)まで会 場:オンデマンド配信 主 催:NECネクサソリューションズ共 催:Blue Prism株式会社※2022年6月28日と7月21日に開催されたWebセミナーのオンデマンド配信です。   第1部:Blue Prismなら実現できる!次の自動化とはブラウザやExcelを中心とした業務だけでなく、新しい領域や重要業務での自動化が求められています。本セッションでは、自動化のトレンドや実際にBlue Prismを利用して新しい自動化を実現しているお客様の事例をご紹介します。【講師】Blue Prism株式会社 執行役員 エンタープライズ営業本部長 西ヶ谷 龍生氏   第2部:仕入伝票からの納品確認を自動化した事例 OCR編これまで日々大量に社外から入ってくる納品書と発注時の数量/金額確認は人の目により行っており、自動化できないか長年の課題であった小売業様にてAI-OCRによりテキストデータ化を行いました。紙からのデータ化の検討の中で、伝票種類も多い、読み取り精度は良いのかなどの課題がありましたが、どのように判断され解決したかをご紹介します。【説明】NECネクサソリューションズ   第3部:仕入伝票からの納品確認を自動化した事例 RPA編OCR編にてデータ化された情報を、人の手を極力介さずに仕入伝票と注文データの照合、EDIシステムへの入力をクラウド型RPAによって実現しました。データ化されたデータの確認をEDIシステムへの実績入力をRPAによって自動化を実現した事例を元に、自動化検討時に挙がった課題をどのように解決したかをご紹介します。【説明】NECネクサソリューションズ◇お申し込みに際して:同業の企業様、個人のお客様の申し込みはお断りする場合がございます。
  • 10
導入事例ダウンロード、入力業務効率化ソリューションの詳細は、画面右のコンテンツ一覧よりご覧いただけます。
  • 480
本日セミナー開催
視聴期間:2022年7月19日(火)~2022年8月26日(金) 申込期間:2022年8月25日(木)まで 会   場:オンデマンド配信 主   催:NECネクサソリューションズ モジュラーデザインは、千差万別の顧客ニーズに応えつつ、QCDを向上させるために非常に有効な手立てですが、具体的な取り組み方法がわからず挫折したという製造業様も多いのではないでしょうか。当セミナーではモジュラーデザインの進め方と実現効果について、具体的な事例を交えご説明いたします。    第1部 モジュラーデザインと設計標準化「物」を標準化するためのモジュール化を進めるためには、前提として設計手順の標準化と技能伝承が必要となります。一部では物の標準化と設計手順の標準化について、品質保証の視点も含め解説いたします。【講師】株式会社日本能率協会コンサルティング シニア・コンサルタント開発・設計マネジメント革新センター センター長 兼 デジタルイノベーション事業本部 柏木 茂吉 氏   第2部 PLMを活用したモジュール化のシステム導入事例受注設計を効率よく処理するためにキーとなる仕様/機能/バリエーションを統合管理する機能を持つPLMソリューション「Obbligato」を活用し、モジュール化を実践したシステム導入事例について、ご紹介いたします。【説明】NEC◇お申し込みに際して:同業の企業様、個人のお客様の申し込みはお断りする場合がございます。
  • 79
本日セミナー開催
視聴期間:2022年7月15日(金)17時~ 9月30日(金)申込期間:2022年9月29日(木)まで会場:オンデマンド配信主催:NECネクサソリューションズ共催:ウイングアーク1st株式会社※2022年6月23日と7月15日に開催されたWebセミナーのオンデマンド配信です   経営判断の迅速化に貢献!社内に散らばるデータの活用方法会計/販売/製造/顧客管理など企業には様々なデータが存在しますが、そのデータを上手く“活用”できているでしょうか?散在した大量のデータをExcelやAccessを駆使し、膨大な時間をかけて、会議で使用するため“だけ”のレポートを作成しているという方も多いのではないでしょうか?経営者から現場部門担当者まで、誰もが必要なデータを必要な時にデータ活用ができる全社データ活用基盤を作成するポイントやデータを活かし、“素早い課題発見や要因特定、意思決定”に繋げる方法をご紹介します。【講師】ウイングアーク1st株式会社◇お申し込みに際して:同業の企業様、個人のお客様の申し込みはお断りする場合がございます。
  • 11
本日セミナー開催
視聴期間:2022年6月27日(月)16時~2022年12月31日(土)          ※2022年6月27日に開催されたWebセミナーのオンデマンド配信です。主催:NECネクサソリューションズ共催:勤次郎株式会社   第1部 「2024年問題」による運送業の労務管理強化ポイントを解説労働人口の減少や働き方の多様化などの様々な理由から、企業が持続的な成長を続けるためには「働き方改革&健康経営」の取り組みにより、社員1人1人を大切にし、健康で長く活躍してもらう環境を構築することが重要な時代になります。2024年に適用される労働関連法の改正内容や運送企業が取り組むべきポイントについて、分かりやすく解説します。   第2部 労務管理をDXで解決!「勤次郎ソリューション」のご紹介導入企業 約5,000社の実績がある労務管理パッケージ 「勤次郎」 の全体像や特長をご紹介します。客観的かつリアルタイムな労働時間の管理、労働関連法に対する各種アラームチェック機能、デジタコ・アルコ-ルチェッカー連携など、事例も踏まえながら、「勤次郎」を活用した最適な“DX労務管理”について解説します。 ◇お申し込みに際して:同業の企業様、個人のお客様の申し込みはお断りする場合がございます。
  • 14
本日セミナー開催
視聴期間:2022年6月17日(金)16時~ 2022年12月31日(土)        ※2022年6月17日に開催されたWebセミナーのオンデマンド配信です。主   催:NECネクサソリューションズ共   催:ウイングアーク1st株式会社   第1部 電子帳簿保存法改正のポイント解説とSPA×RPAによる電帳法対応自動化もご紹介2022年(令和4年)1月1日に施行された電子帳簿保存法改正のポイントや留意点を上級文書情報管理士が分かりやすく解説します。またOCR搭載文書管理ツール「SPA」とRPAを利用して電子帳簿保存法対応を自動化する方法もご紹介します。電子帳簿保存法の改正を整理したいご担当者、電子帳簿保存法への対応を効率的に実現したいと考えているご担当者はぜひご参加ください。   第2部 電子帳簿保存法に関するRPA「Blue Prism活用」のご紹介セキュリティ・統制機能が充実したエンタープライズ型RPA「Blue Prism」の特徴をご紹介します。自動化を活用することにより、より効率的に電子帳簿保存法への対応と業務効率化が実現できます。電子帳簿保存法対応自動化と、活用例としてデータのシステム入力を自動化するSPA × Blue Prismのデモをご紹介します。◆お申し込みに際して:同業の企業様、個人のお客様の申し込みはお断りする場合がございます。
  • 26
本日セミナー開催
視聴期間:2022年6月15日(水)~9月30日(金)会   場:オンデマンド配信主   催:NECネクサソリューションズ DXというキーワードが注目されているなか、化学・食品業のお客様からは検討出来ていない、検討し始めているが具体的な方法論までは至っていないなど、お悩み・課題をよくお聞きします。本セミナーでは、データの簡単な収集・蓄積方法や、その活用事例を通して、DX実現イメージをお伝えします。   クラウド×AIで、配合や製造設定の微調整で歩留まり改善に挑戦!あらゆる産業界で「DX」というキーワードが注目される中、化学・食品業界においてもDXを推進すべく、専門部署の立ち上げや業務データのデジタル化が徐々に進みつつあります。しかしながら、まだ多くのお客様では具体的にどんなことから始めればいいか、何が業務の効率化に繋がるのかなど模索されているのではないでしょうか?今回は、既存製品の改良時における配合の推奨値算出や製造条件の調整業務の効率化と、新製品開発時に少ない実験で効率的に材料を探索する方法を一部事例も交えながらご紹介させて頂きます。まずはある程度気軽にDXに取り組んでいきたいお客様には必見です。是非ご参加下さい。【説明】NECネクサソリューションズ▶製品の詳細はこちらから ≫Clovernet AI(品質向上モデル)◇お申し込みに際して:同業の企業様、個人のお客様の申し込みはお断りする場合がございます。
  • 205
本日セミナー開催
視聴期間:2022年5月17日(火)16時~ 9月30日(金)申   込:2022年9月29日(木)まで会   場:オンデマンド配信(2022年5月17日に開催されたWebセミナーのオンデマンド配信です。)主   催:NECネクサソリューションズ共   催:ウイングアーク1st株式会社 2022年(令和4年)1月1日に施行された改正電子帳簿保存法で、押さえておくべきポイントや留意点を対応した事例から見たポイントも解説します。2年の宥恕措置が設けられましたが、対応が不要になった訳ではありません。電子帳簿保存法への対応を検討している企業担当者はもちろん、すでに準備を進めている企業の担当者も、ぜひご参加ください。   第1部 対応事例から見る2022年電子帳簿保存法改正のポイントと留意点 2022年(令和4年)1月1日に施行された改正電子帳簿保存法で押さえておくべきポイントや留意点を上級文書情報管理士が分かりやすく解説します。対応した事例から見たポイントも解説します。 2年の宥恕措置が設けられましたが、対応が不要になった訳ではありません。電子帳簿保存法への対応を検討している企業担当者はもちろん、すでに準備を進めている企業の担当者も、ぜひご参加ください。   第2部 改正電子帳簿保存法にも対応!「EXPLANNER/Z」のご紹介 国産フルWeb-ERPシステム「EXPLANNER/Z」の全体像と特長をご紹介します。 販売・会計・債権・債務・に加え生産・原価計算も含む各業務モジュールが選択でき、単独での導入も可能なほか、製販一体の業務改善が可能です。ファイリングシステムとの連携で電子帳簿保存法にも対応します。※お申し込みに際して:同業の企業様、個人のお客様の申し込みはお断りする場合がございます。
  • 42
申込受付中
視聴期間:2022年3月18日(金)~2022年9月30日(金)申込期間:2022年9月29日(木)迄会   場:オンデマンド配信(2022年3月16日に開催されたWebセミナーのオンデマンド配信です)主   催:NECネクサソリューションズ共  催:株式会社オービックビジネスコンサルタント       株式会社ラクス   第1部   改正電子帳簿保存法にも対応!領収書・請求書を電子化することによるペーパレス化 新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点からも活発となった企業のテレワーク。 そのような中、紙を起点とする旅費交通費などの経費精算のために、出社せざるを得ない社員がいらっしゃる企業も多いのではないでしょうか。第1部では、経費精算システム『楽楽精算』を用いて、企業で課題となっている「経費精算まわりの業務効率化」や「領収書や請求書のペーパレス化」について、令和4年1月に改正された「改正電子帳簿保存法」に触れつつ詳しくご紹介します。    第2部   『電子帳簿保存完全対応』  勘定奉行クラウド 経理DXモデルだけ!業務精度・企業の生産性を向上させる経理DXを実現 改正電帳法への完全対応はもちろん、電帳法対応によって生じる業務課題を解決し、求められる経理業務のスタンダードの形をご提供。業務の精度と生産性を飛躍的に向上できる企業の経理DXを実現できます。証憑の収集から、証憑の取引情報の入力、一連の支払業務までデジタル化し、業務精度向上と業務時間を9割削減! ◆お申し込みに際して:同業の企業様、個人のお客様の申し込みはお断りする場合がございます。
  • 47
【関連情報】クラウド型でVPNや無線LANを簡単導入!Clovernet クラウドネットワーク 
  • 1732
2020/10/01 00:00 - 2022/12/31 23:59
被写体認識基盤サービス
期間限定ですが、被写体認識基盤サービスを実感できる無料のお試し環境をご用意しております。また、画像認識を体感できるリーフレットも準備しております。資料ダウンロードにて必要な事項を記載し、入手してください。  資料ダウンロードはこちら   ・被写体認識基盤サービスのご紹介  ・打刻文字読取での活用ご紹介  ・無料お試し環境のご案内 画面右のコンテンツ欄に、紹介動画を取り揃えております。ぜひ、ご覧ください。 ★下記リンクからもご視聴いただけます。 #01 打刻文字読取モデルのご紹介 (被写体認識基盤サービス) #02 メーター読取モデルのご紹介 (被写体認識基盤サービス) #03 パンフレット活用モデルのご紹介 (被写体認識基盤サービス) #04 ケースマーク読取モデルのご紹介 (被写体認識基盤サービス) #05 INVOICE読取モデルのご紹介 (被写体認識基盤サービス)
  • 2021
開催日時:2022年7月21日(木)16時~17時 申込期間:2022年7月20日(水)まで会 場:Webセミナー 主 催:NECネクサソリューションズ共 催:Blue Prism株式会社※2022年6月28日(火)に開催されたWebセミナーの再配信です。   第1部:Blue Prismなら実現できる!次の自動化とはブラウザやExcelを中心とした業務だけでなく、新しい領域や重要業務での自動化が求められています。本セッションでは、自動化のトレンドや実際にBlue Prismを利用して新しい自動化を実現しているお客様の事例をご紹介します。【講師】Blue Prism株式会社 執行役員 エンタープライズ営業本部長 西ヶ谷 龍生氏   第2部:仕入伝票からの納品確認を自動化した事例 OCR編これまで日々大量に社外から入ってくる納品書と発注時の数量/金額確認は人の目により行っており、自動化できないか長年の課題であった小売業様にてAI-OCRによりテキストデータ化を行いました。紙からのデータ化の検討の中で、伝票種類も多い、読み取り精度は良いのかなどの課題がありましたが、どのように判断され解決したかをご紹介します。【説明】NECネクサソリューションズ   第3部:仕入伝票からの納品確認を自動化した事例 RPA編OCR編にてデータ化された情報を、人の手を極力介さずに仕入伝票と注文データの照合、EDIシステムへの入力をクラウド型RPAによって実現しました。データ化されたデータの確認をEDIシステムへの実績入力をRPAによって自動化を実現した事例を元に、自動化検討時に挙がった課題をどのように解決したかをご紹介します。【説明】NECネクサソリューションズ◇お申し込みに際して:同業の企業様、個人のお客様の申し込みはお断りする場合がございます。
  • 66
開催日時:2022年7月15日(金)16時~16時45分 申込期間:2022年7月14日(木)まで会場:Webセミナー主催:NECネクサソリューションズ 共催:ウイングアーク1st株式会社※2022年6月23日に開催されたWebセミナーの再配信です   経営判断の迅速化に貢献!社内に散らばるデータの活用方法会計/販売/製造/顧客管理など企業には様々なデータが存在しますが、そのデータを上手く“活用”できているでしょうか?散在した大量のデータをExcelやAccessを駆使し、膨大な時間をかけて、会議で使用するため“だけ”のレポートを作成しているという方も多いのではないでしょうか?経営者から現場部門担当者まで、誰もが必要なデータを必要な時にデータ活用ができる全社データ活用基盤を作成するポイントやデータを活かし、“素早い課題発見や要因特定、意思決定”に繋げる方法をご紹介します。【講師】ウイングアーク1st株式会社◇お申し込みに際して:同業の企業様、個人のお客様の申し込みはお断りする場合がございます。
  • 25
開催日:2022年7月14日(木)14時~17時 ※時刻は変動する場合がございます。予めご了承ください。会 場:Webセミナー 主 催:NECネクサソリューションズ協 賛:株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート / 株式会社クレオ           JFEシステムズ株式会社 / ウイングアーク1st株式会社 改正電子帳簿保存法による電子取引のデータ保存義務化は2年間宥恕となりましたが、2023年10月開始のインボイス制度に向け電子インボイスのデータ保存を踏まえた電子化、ペーパーレス化の準備を迫られていることと存じます。 本セミナーでは電帳法の第一人者である袖山税理士より最新動向を含めて解説いただくと共に、電子化検討のポイントをご紹介します。第2部終了後には、袖山税理士が皆様からのご質問に回答するコーナーをご用意しています。
  • 818
開催日:2022年6月28日(火)16時~17時会 場:Webセミナー 主 催:NECネクサソリューションズ共 催:Blue Prism株式会社   第1部:Blue Prismなら実現できる!次の自動化とはブラウザやExcelを中心とした業務だけでなく、新しい領域や重要業務での自動化が求められています。本セッションでは、自動化のトレンドや実際にBlue Prismを利用して新しい自動化を実現しているお客様の事例をご紹介します。【講師】Blue Prism株式会社 執行役員 エンタープライズ営業本部長 西ヶ谷 龍生氏   第2部:仕入伝票からの納品確認を自動化した事例 OCR編これまで日々大量に社外から入ってくる納品書と発注時の数量/金額確認は人の目により行っており、自動化できないか長年の課題であった小売業様にてAI-OCRによりテキストデータ化を行いました。紙からのデータ化の検討の中で、伝票種類も多い、読み取り精度は良いのかなどの課題がありましたが、どのように判断され解決したかをご紹介します。【説明】NECネクサソリューションズ   第3部:仕入伝票からの納品確認を自動化した事例 RPA編OCR編にてデータ化された情報を、人の手を極力介さずに仕入伝票と注文データの照合、EDIシステムへの入力をクラウド型RPAによって実現しました。データ化されたデータの確認をEDIシステムへの実績入力をRPAによって自動化を実現した事例を元に、自動化検討時に挙がった課題をどのように解決したかをご紹介します。【説明】NECネクサソリューションズ◇お申し込みに際して:同業の企業様、個人のお客様の申し込みはお断りする場合がございます。
  • 113
開催日:2022年6月27日(月)15時~16時 ※終了時刻は変動する場合がございます。予めご了承ください。会  場:Webセミナー主  催:NECネクサソリューションズ共  催:勤次郎株式会社   第1部 「2024年問題」による運送業の労務管理強化ポイントを解説労働人口の減少や働き方の多様化などの様々な理由から、企業が持続的な成長を続けるためには「働き方改革&健康経営」の取り組みにより、社員1人1人を大切にし、健康で長く活躍してもらう環境を構築することが重要な時代になります。2024年に適用される労働関連法の改正内容や運送企業が取り組むべきポイントについて、分かりやすく解説します。   第2部 労務管理をDXで解決!「勤次郎ソリューション」のご紹介導入企業 約5,000社の実績がある労務管理パッケージ 「勤次郎」 の全体像や特長をご紹介します。客観的かつリアルタイムな労働時間の管理、労働関連法に対する各種アラームチェック機能、デジタコ・アルコ-ルチェッカー連携など、事例も踏まえながら、「勤次郎」を活用した最適な“DX労務管理”について解説します。 ◇お申し込みに際して:同業の企業様、個人のお客様の申し込みはお断りする場合がございます。
  • 83
開催日:2022年6月23日(木)16時~16時45分 会   場:Webセミナー主   催:NECネクサソリューションズ 共   催:ウイングアーク1st株式会社   経営判断の迅速化に貢献!社内に散らばるデータの活用方法会計/販売/製造/顧客管理など企業には様々なデータが存在しますが、そのデータを上手く“活用”できているでしょうか?散在した大量のデータをExcelやAccessを駆使し、膨大な時間をかけて、会議で使用するため“だけ”のレポートを作成しているという方も多いのではないでしょうか?経営者から現場部門担当者まで、誰もが必要なデータを必要な時にデータ活用ができる全社データ活用基盤を作成するポイントやデータを活かし、“素早い課題発見や要因特定、意思決定”に繋げる方法をご紹介します。【講師】ウイングアーク1st株式会社◇お申し込みに際して:同業の企業様、個人のお客様の申し込みはお断りする場合がございます。
  • 59
開催日:2022年6月17日(金)15時~16時 ※終了時刻は変動する場合がございます。予めご了承ください。会 場:Webセミナー主 催:NECネクサソリューションズ共 催:ウイングアーク1st株式会社   第1部 電子帳簿保存法改正のポイント解説とSPA×RPAによる電帳法対応自動化もご紹介2022年(令和4年)1月1日に施行された電子帳簿保存法改正のポイントや留意点を上級文書情報管理士が分かりやすく解説します。またOCR搭載文書管理ツール「SPA」とRPAを利用して電子帳簿保存法対応を自動化する方法もご紹介します。電子帳簿保存法の改正を整理したいご担当者、電子帳簿保存法への対応を効率的に実現したいと考えているご担当者はぜひご参加ください。   第2部 電子帳簿保存法に関するRPA「Blue Prism活用」のご紹介セキュリティ・統制機能が充実したエンタープライズ型RPA「Blue Prism」の特徴をご紹介します。自動化を活用することにより、より効率的に電子帳簿保存法への対応と業務効率化が実現できます。電子帳簿保存法対応自動化と、活用例としてデータのシステム入力を自動化するSPA × Blue Prismのデモをご紹介します。◆お申し込みに際して:同業の企業様、個人のお客様の申し込みはお断りする場合がございます。
  • 95
開催日:2022年5月17日(火)15時~16時 ※終了時刻は変動する場合がございます。予めご了承ください。申 込:2022年5月16日(月)まで 会 場:Webセミナー 主 催:NECネクサソリューションズ 共 催:ウイングアーク1st株式会社 2022年(令和4年)1月1日に施行にされた改正電子帳簿保存法で、押さえておくべきポイントや留意点を対応した事例から見たポイントも解説します。2年の宥恕措置が設けられましたが、対応が不要になった訳ではありません。電子帳簿保存法への対応を検討している企業担当者はもちろん、すでに準備を進めている企業の担当者も、ぜひご参加ください。    第1部 対応事例から見る2022年電子帳簿保存法改正のポイントと留意点  2022年(令和4年)1月1日に施行にされた改正電子帳簿保存法で押さえておくべきポイントや留意点を上級文書情報管理士が分かりやすく解説します。対応した事例から見たポイントも解説します。 2年の宥恕措置が設けられましたが、対応が不要になった訳ではありません。電子帳簿保存法への対応を検討している企業担当者はもちろん、すでに準備を進めている企業の担当者も、ぜひご参加ください。    第2部 改正電子帳簿保存法にも対応!「EXPLANNER/Z」のご紹介  国産フルWeb-ERPシステム「EXPLANNER/Z」の全体像と特長をご紹介します。 販売・会計・債権・債務・に加え生産・原価計算も含む各業務モジュールが選択でき、単独での導入も可能なほか、製版一体の業務改善が可能です。ファイリングシステムとの連携で電子帳簿保存法にも対応します。 ※お申し込みに際して:同業の企業様、個人のお客様の申し込みはお断りする場合がございます。
  • 69
配信期間:2022年4月21日(木)~5月20日(金)申込締切:2022年5月19日(木)会場:オンデマンド配信主催:NECネクサソリューションズ共催:株式会社朋電舎   第1部 医薬品製造業における攻めのIT活用の勘どころ【講師】株式会社日本能率協会コンサルティング生産コンサルティング事業本部 プロセス・デザイン革新センター シニア・コンサルタント 島崎 里史 氏医薬品製造業を取り巻く環境の理解を踏まえ、GMPの発想における管理の考え方、システム化に向けての課題や管理の枠組み、管理の急所を具体的な事例を通し、余地や盲点を見た上で、ITと管理プロセスを融合し、管理を強くするITについての考え方を解説します。   第2部 品質管理システムと秤量システムのご紹介【説明】株式会社朋電舎多数の導入事例を持つ品質管理システム「Expert LiMS」は、実験室内の試験業務を統合管理するシステムであり、分析業務の全てのフェーズで情報を管理することで、品質保証のレベルを向上させる事を可能とします。また、自動で監査証跡を作成し、間違いを防止する事でデータの信頼性と品質を向上させる指図秤量をベースとする秤量システムをご紹介します。お申し込みに際して:同業の企業様、個人のお客様の申し込みはお断りする場合がございます。
  • 48
※2022年3月17日(木)に開催されたWebセミナーのオンデマンド配信です。視聴期間:2022年3月17日(木)15時~2022年7月29日(金)会   場:Webセミナー(オンデマンド配信)主   催:NECネクサソリューションズ物流ロジスティクス業界様では、サプライチェーン全体の効率化へ向けた動きが強まり、DX (デジタルトランスフォーメーション)に積極的に取り組む企業が増えてきております。 一方で、DXを進めていくうえで、 何から手を付けてよいかわからない、どのように進めてよいかわからないというご相談を多数いただいております。 本セミナーでは、物流ロジスティクス業界での「紙帳票の業務効率化によるコスト削減」や「勘と経験に頼っていた庫内作業の平準化、省力化」といった取り組み事例を交えながらDX推進のヒントになるようご説明します。DX実現に向けたロードマップを一緒に描いていきましょう。 ◆お申し込みに際して:同業の企業様、個人のお客様の申し込みはお断りする場合がございます。
  • 36
2022/03/17 14:00 - 2022/03/17 14:30
何から始める!?物流DXで新しい未来を創る
開催日:2022年3月17日(木)14時~14時30分 ※終了時刻は変動する場合がございます。予めご了承ください。会   場:Webセミナー主   催:NECネクサソリューションズ物流ロジスティクス業界様では、サプライチェーン全体の効率化へ向けた動きが強まり、DX (デジタルトランスフォーメーション)に積極的に取り組む企業が増えてきております。 一方で、DXを進めていくうえで、 何から手を付けてよいかわからない、どのように進めてよいかわからないというご相談を多数いただいております。 本セミナーでは、物流ロジスティクス業界での「紙帳票の業務効率化によるコスト削減」や「勘と経験に頼っていた庫内作業の平準化、省力化」といった取り組み事例を交えながらDX推進のヒントになるようご説明します。 DX実現に向けたロードマップを一緒に描いていきましょう。 ◆お申し込みに際して:同業の企業様、個人のお客様の申し込みはお断りする場合がございます。
  • 39
開催日:2022年3月16日(水)15時~16時 ※終了時刻は変動する場合がございます。予めご了承ください。会   場:Webセミナー主   催:NECネクサソリューションズ共  催:株式会社オービックビジネスコンサルタント       株式会社ラクス   第1部   改正電子帳簿保存法にも対応!領収書・請求書を電子化することによるペーパレス化 新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点からも活発となった企業のテレワーク。 そのような中、紙を起点とする旅費交通費などの経費精算のために、出社せざるを得ない社員がいらっしゃる企業も多いのではないでしょうか。第1部では、経費精算システム『楽楽精算』を用いて、企業で課題となっている「経費精算まわりの業務効率化」や「領収書や請求書のペーパレス化」について、令和4年1月に改正された「改正電子帳簿保存法」に触れつつ詳しくご紹介します。    第2部   『電子帳簿保存完全対応』  勘定奉行クラウド 経理DXモデルだけ!業務精度・企業の生産性を向上させる経理DXを実現 改正電帳法への完全対応はもちろん、電帳法対応によって生じる業務課題を解決し、求められる経理業務のスタンダードの形をご提供。業務の精度と生産性を飛躍的に向上できる企業の経理DXを実現できます。証憑の収集から、証憑の取引情報の入力、一連の支払業務までデジタル化し、業務精度向上と業務時間を9割削減!
  • 31
配信期間:2022年3月31日(木)まで   ※2022年1月20日 (木) に開催されたWebセミナーのオンデマンド配信です。 主催:NECネクサソリューションズ 共催:NECプラットフォームズ 第1部 ものづくり現場改善の進め方 NECグループでハードウェアの製造メーカーとしての役割を担うNECプラットフォームズでは工場の現場改善としてDX、IoT化に積極的に取組んでいます。 現場改善に向けた現場アセスメントによりDX、IoT化の目的・優先度を明確にし、スマートファクトリー化を実現するための手段として現場情報の統合化を推進しています。 本章では中堅製造業のお客様にも実現可能な取組みについてご説明します。 【説明】NECプラットフォームズ   第2部 現場改善事例・DX化アセスメントサービスのご紹介  課題抽出、目標設定、改善活動について5つの改善活動 ・現場アセスメントによる課題抽出 ・設備の可視化と目標設定 ・人作業の可視化と目標設定 ・タブレットによる改善活動(省力化) ・RFIDによる改善活動(省人化)  これらを実現するための現実的なDXによる改善手法についてご説明します。 【説明】NECプラットフォームズ
  • 71
配信期間:2022年2月18(金)12時~3月31日(木)会場:オンデマンド配信(2月18日に開催されたWebセミナーのオンデマンド配信です)主催:NECネクサソリューションズ協力:アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社DXというキーワードが注目されているなか、プロセス業のお客様からは検討出来ていない、検討し始めているが具体的な方法論までは至っていないなどお悩み・課題をよくお聞きします。本セミナーでは、データの簡単な収集・蓄積方法や、その活用事例を通して、DX実現イメージをお伝えします。   第1部  製造現場のカイゼン活動を支えるAWS ~データ活用基盤を中核に据えた生産性向上~講師:アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社工場のDXでは、データ収集・蓄積・分析・アクションの4つが重要になります。AWSが提供する"IT部品"を組み合わせることで、上記の4つを簡単に実現でき、多くの製造現場でのカイゼンの実現に繋がっています。第1部では、それらのカイゼン事例を通して、工場で使える"IT部品"群をご紹介します。   第2部  クラウド×AIで、配合や製造設定の微調整で歩留まり改善に挑戦!「製造品質の安定に寄与するAWSを活用したAIソリューション」説明:NECネクサソリューションズAWSの活用を始めるにしても、ゼロから始めるのには少し難しく感じることもあります。第2部では、誰でも簡単に製品配合や製造設定の微調整が行えて、製造工程での歩留まり改善に利用出来るAIソリューションについて、実際のお客様事例を含めてご紹介します。
  • 98
開催日:2022年2月18(金) 10:30~11:30 ※終了時刻は変動する場合がございます。予めご了承ください会場:Webセミナー(無料)主催:NECネクサソリューションズ協力:アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社DXというキーワードが注目されているなか、プロセス業のお客様からは検討出来ていない、検討し始めているが具体的な方法論までは至っていないなどお悩み・課題をよくお聞きします。本セミナーでは、データの簡単な収集・蓄積方法や、その活用事例を通して、DX実現イメージをお伝えします。  第1部 製造現場のカイゼン活動を支えるAWS ~データ活用基盤を中核に据えた生産性向上~説明:アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社工場のDXでは、データ収集・蓄積・分析・アクションの4つが重要になります。AWSが提供する"IT部品"を組み合わせることで、上記の4つを簡単に実現でき、多くの製造現場でのカイゼンの実現に繋がっています。第1部では、それらのカイゼン事例を通して、工場で使える"IT部品"群をご紹介します。  第2部 クラウド×AIで、配合や製造設定の微調整で歩留まり改善に挑戦!「製造品質の安定に寄与するAWSを活用したAIソリューション」説明:NECネクサソリューションズAWSの活用を始めるにしても、ゼロから始めるのには少し難しく感じることもあります。第2部では、誰でも簡単に製品配合や製造設定の微調整が行えて、製造工程での歩留まり改善に利用出来るAIソリューションについて、実際のお客様事例を含めてご紹介します。
  • 108
視聴期間:2022年2月17日(木) 12時~2022年3月31日(木)会場:オンデマンド配信(2022年2月17日に開催されたWebセミナーのオンデマンド配信です。)主催:NECネクサソリューションズ共催:ダイキン工業株式会社   第1部   個別受注におけるエンジニアリングチェーン改革による収益体質化個別受注型製造業において、エンジニアリングチェーンとは引合以降の見積~設計~製造手配業務の流れであり、製造の上流プロセスに位置づけられます。多様な顧客仕様を満たしながら利益の確保という相反する両立が求められますが、そのためには、蓄積・整備された情報を活用して的確な仕様決定ができること、全体の業務プロセスを確立することなどが欠かせません。しかし実態としては、仕事の進め方が人の経験に頼った旧態依然とした状態のままでナレッジ化も進まず、事業の継続性に赤信号がともるような企業も多くみられます。本セミナーではエンジニアリングチェーンに焦点をあて、個別受注型製造業を収益体質化するための着眼点やポイントをご説明します。 講師:株式会社日本能率協会コンサルティング シニア・コンサルタント     開発・設計マネジメント革新センター センター長 兼 デジタルイノベーション事業本部     柏木 茂吉 氏    第2部   製造業におけるコミュニケーション改革とICT活用のあるべき姿 COVID-19の世界的な感染拡大を契機とした働き方改革の要請は、製造業に新しいコミュニケーションを考えるきっかけとなりました。日本のものづくりの強みであった「阿吽の呼吸」や「すりあわせ」が、従来のワークスタイルでは立ち行かなくなった今、エンジニアリングチェーン全体をデジタル化・可視化しながら組織間での情報連携を強化することが益々重要になります。 第2部では、特に個別受注型製造業において競争力強化の源となるリードタイム短縮・コスト遵守を実践するための具体的なICT活用事例をご紹介します。 説明:ダイキン工業株式会社
  • 43
開催日:2022年2月17日(木) 10:30~11:30 ※終了時刻は変動する場合がございます。予めご了承ください。会場:Webセミナー(無料)主催:NECネクサソリューションズ共催:ダイキン工業株式会社  第1部  個別受注におけるエンジニアリングチェーン改革による収益体質化個別受注型製造業において、エンジニアリングチェーンとは引合以降の見積~設計~製造手配業務の流れであり、製造の上流プロセスに位置づけられます。多様な顧客仕様を満たしながら利益の確保という相反する両立が求められますが、そのためには、蓄積・整備された情報を活用して的確な仕様決定ができること、全体の業務プロセスを確立することなどが欠かせません。しかし実態としては、仕事の進め方が人の経験に頼った旧態依然とした状態のままでナレッジ化も進まず、事業の継続性に赤信号がともるような企業も多くみられます。本セミナーではエンジニアリングチェーンに焦点をあて、個別受注型製造業を収益体質化するための着眼点やポイントをご説明します。 講師:株式会社日本能率協会コンサルティング シニア・コンサルタント     開発・設計マネジメント革新センター センター長 兼 デジタルイノベーション事業本部     柏木 茂吉 氏   第2部  製造業におけるコミュニケーション改革とICT活用のあるべき姿 COVID-19の世界的な感染拡大を契機とした働き方改革の要請は、製造業に新しいコミュニケーションを考えるきっかけとなりました。日本のものづくりの強みであった「阿吽の呼吸」や「すりあわせ」が、従来のワークスタイルでは立ち行かなくなった今、エンジニアリングチェーン全体をデジタル化・可視化しながら組織間での情報連携を強化することが益々重要になります。 第2部では、特に個別受注型製造業において競争力強化の源となるリードタイム短縮・コスト遵守を実践するための具体的なICT活用事例をご紹介します。 説明:ダイキン工業株式会社
  • 41
視聴期間:2022年3月31日(木)まで会場:オンデマンド配信(※2022年1月28日に開催されたWebセミナーのオンデマンド配信です) 主催:NECネクサソリューションズ共催:株式会社クレオ2022年1月施行の電子帳簿保存法について、2年間猶予される見通しですが、自社での対応準備を進められていることと存じます。一方で、対応方法に疑問をお持ちの情報システム部門や財務・経理部門の方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回のWebセミナーでは、電子帳簿保存法の改正で押さえるべき要点や、経理を始めとした業務の改善提案、及び社内の対象帳票の選定など、デジタル化に必要な事前検討事項についてご紹介します。   第一部   電帳法対応から広がる業務改善電子帳簿保存法の対応について、これからどうすべきか。経理を始めとした、紙を使う業務の改善と、2023年10月から始まるインボイス(適格請求書)を踏まえて解説します。【説明】NECネクサソリューションズ    第二部   スキャナ保存と電子取引データの保管対応電子帳簿保存法で対象となる帳簿及び書類について、文書管理システムでのスキャナ保存要件や電子取引の取引情報保存要件対応など、導入支援サービス内容を含めてご提案します。 【講師】株式会社クレオ
  • 208
開催日:2022年1月28日(金)13時~14時 ※終了時刻は前後する場合がございます。予めご了承ください。申込締切:2022年1月27日(木)会場:Webセミナー(無料) 主催:NECネクサソリューションズ 共催:株式会社クレオ2022年1月施行の電子帳簿保存法について、2年間猶予される見通しですが、自社での対応準備を進められていることと存じます。一方で、対応方法に疑問をお持ちの情報システム部門や財務・経理部門の方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回のWebセミナーでは、電子帳簿保存法の改正で押さえるべき要点や、経理を始めとした業務の改善提案、及び社内の対象帳票の選定など、デジタル化に必要な事前検討事項についてご紹介します。   第一部   電帳法対応から広がる業務改善電子帳簿保存法の対応について、これからどうすべきか。経理を始めとした、紙を使う業務の改善と、2023年10月から始まるインボイス(適格請求書)を踏まえて解説します。【説明】NECネクサソリューションズ   第二部   スキャナ保存と電子取引データの保管対応 電子帳簿保存法で対象となる帳簿及び書類について、文書管理システムでのスキャナ保存要件や電子取引の取引情報保存要件対応など、導入支援サービス内容を含めてご提案します。【講師】株式会社クレオ
  • 147
会  場:オンデマンド配信 ※1月19日に開催されたWebセミナーのオンデマンド配信です。 主  催:NECネクサソリューションズ 共  催:NEC 日本社会のデジタル化推進の動きが加速している中、皆さまの組織におかれましてもさまざまな課題が見えてきているかと思います。 『改正電子帳簿保存法への対応から多様化する働き方への取り組みへ』をキーワードとしたセミナーを2021年11月に開催させて頂きましたところ、多数の参加を頂き、このテーマに対する関心の高さを改めて確認させて頂きました。 今回は第二弾として『Smart Work 2.0/働き方改革は次のステップへ』と題して、セミナーを開催させていただきます。 今何を考え、どのような手を打つべきなのか。はじめの一歩となる打ち手、デジタル化推進の方向性をお伝えします。    第1部 これからの10年後を見据えたデジタルワーク変革   ※2021年11月29日開催のセミナーと同様の内容です(再編集版) 講師:株式会社森経営コンサルティング代表取締役/経営コンサルタント 森 泰一郎 氏 株式会社森経営コンサルティング代表取締役。実家が老舗葬儀会社、建設会社を経営していることから、将来は中小零細企業を救う仕事がしたいと経営コンサルタントを志す。東京大学経済学部、同大学院経済学研究科経営専攻卒業。東京大学ではものづくり経営論で著名な藤本隆宏教授に師事。卒業後、経営コンサルティング会社、ラクスル、BuysellTechnologiesにて、経営企画、デジタルトランスフォーメーション、M&A、新規事業開発に従事。「どんな産業・規模の企業でも必ずデジタル化できる」を信念に大企業から中小企業のデジタルトランスフォーメーション、規事業開発を推進。2020年8月に発刊した「アフターコロナの経営戦略」ではwithコロナ、afterコロナ時代に企業が取組まなくてはいけないポイント、企業の事例などを解説。多くの方から注目を集め、インターネット通販Amazonのランキングでは1位に。今年2月には「アフターコロナのマーケティング」も発刊し、市場の新たな潮流の中、どのようにマーケティング戦略を立案・実行していくのかを解説。こちらもインターネット通販Amazonのランキングでは1位に。11月には新しい時代の新しい経営学について初めて解説した「ニューノーマル時代の経営学」を発売。    第2部 NECが目指すSmart Work 2.0- 「働きやすさ」から「働きがい」へ -説明:NECプラットフォーム ソリューション事業部(ワークスタイルSL推進センター) エキスパート 阿部 憲一 NECグループはこの数年、全社を挙げてカルチャー変革に取り組みながら、制度、オフィス、システムを整備し、社員が働きやすい環境づくりを進めてきました。それによって実現した働き方が「Smart Work 1.0」だとすれば、働き方改革は次の新しい段階「Smart Work 2.0」に入ろうとしていると言えるでしょう。では、「Smart Work 2.0」とは何か。これまでの取り組みとこれから目指すところを実例を交えてご紹介します。    第3部 ここから始めませんか。デジタル化を進める3つの取り組み    テーマ1.テレワークの運用にお悩みはありませんか?​~NEC Chromebook for テレワークで課題を解決!~ 組織のシステム運用者、管理者にとって、目に届きにくいオフィス外にPCが持ち出されるテレワークはセキュリティ、メンテンナンスの両面において不安の種となっています。本動画では、テレワーク端末の新たな選択肢として加わったChromebookの特長や管理方法、NEC独自のセキュリティ設計や導入・運用支援サービスなどについてご紹介します。    テーマ2.  「紙」「ハンコ」前提の業務からの脱却 ビジネスにおいて「ペーパーレス化」は長らく課題とされてきましたが、昨今の新型感染症拡大や自然災害への対応などBCP対策としても広がっているテレワークを円滑に進めるうえで、無視できないものとなってきました。とはいえ、一足飛びにペーパーレス化を進めるのも難しい状況もあります。まずは「脱ハンコ」から始めてみませんか?    テーマ3.   やめませんか?「別メールでパスワードを送ります」は…​ 添付ファイルを暗号化してメールで送付する「PPAP」ですが、政府や一部企業が廃止を宣言したことや以前から問題点が指摘されていたこともあり、採用してきた組織にとっては取り組むべき課題となっています。メール誤送信対策として採用されてきた PPAPへの対処を中心に外部との安全なファイル共有の方法についてご紹介します。
  • 179
開催日:2022年1月20日 (木) 15時~16時 ※終了時刻は変動する場合がございます。予めご了承ください。 会場:Webセミナー(無料)主催:NECネクサソリューションズ共催:NECプラットフォームズ 第1部 ものづくり現場改善の進め方 NECグループでハードウェアの製造メーカーとしての役割を担うNECプラットフォームズでは工場の現場改善としてDX、IoT化に積極的に取組んでいます。 現場改善に向けた現場アセスメントによりDX、IoT化の目的・優先度を明確にし、スマートファクトリー化を実現するための手段として現場情報の統合化を推進しています。 本章では中堅製造業のお客様にも実現可能な取組みについてご説明します。 【説明】NECプラットフォームズ   第2部 現場改善事例・DX化アセスメントサービスのご紹介  課題抽出、目標設定、改善活動について5つの改善活動 ・現場アセスメントによる課題抽出 ・設備の可視化と目標設定 ・人作業の可視化と目標設定 ・タブレットによる改善活動(省力化) ・RFIDによる改善活動(省人化)  これらを実現するための現実的なDXによる改善手法についてご説明します。 【説明】NECプラットフォームズ
  • 159
配信日時:2022年1月19日(水)13:30~16:00 ※終了時刻は変動する場合がございます。予めご了承ください。 会  場:Webセミナー参加費:無料(事前登録制)主  催:NECネクサソリューションズ共  催:NEC 日本社会のデジタル化推進の動きが加速している中、皆さまの組織におかれましてもさまざまな課題が見えてきているかと思います。 『改正電子帳簿保存法への対応から多様化する働き方への取り組みへ』をキーワードとしたセミナーを2021年11月に開催させて頂きましたところ、多数の参加を頂き、このテーマに対する関心の高さを改めて確認させて頂きました。 今回は第二弾として『Smart Work 2.0/働き方改革は次のステップへ』と題して、セミナーを開催させていただきます。 今何を考え、どのような手を打つべきなのか。はじめの一歩となる打ち手、デジタル化推進の方向性をお伝えします。
  • 281
開催日:2021.12.2(木)15:00~16:00                                    ※終了時刻は変動する場合がございます。予めご了承ください。会 場:Webセミナー主 催:NECネクサソリューションズ  第1部:電帳法改正!「電子取引データ」の適切な保存方法について EDIデータからメールで受領したPDF請求書まで、電子的に授受される取引情報について、2022年1月からは紙に出力した保存が禁止となり、電子帳簿保存法の要件を満たしたデータ保存が必要になります。 本セッションでは法改正の概要と、ワークフローや電帳法対応データ保存システム「DataDelivery」を活用した、段階的な対応方法をご紹介させて頂きます。 【説明】JFEシステムズ株式会社   第2部:Digital Process Automation Platform 「intra-mart」 ご紹介 「DataDelivery」と連携し電子帳簿保存法対応の運用における内部統制の強化と業務効率化を実現しているイントラマートは、企業内に存在する様々な業務システムを同一のプラットフォーム上に集約し、最新のデジタル技術を活用することで、IT投資の効率化と業務プロセスの最適化・標準化を実現します。さらに、業務プロセスのフルオートメーション化をサポートする機能やAPIコンポーネント群を多数取り揃えており、スピーディかつ柔軟なローコードアプリケーション開発を可能にします。 【説明】NECネクサソリューションズ
  • 225
※2021年11月26日に開催されたWebセミナーの録画配信です。視聴期間:2021年12月1日(水)~ 2022年2月28日(月)会 場:オンデマンド配信主 催:NECネクサソリューションズ共 催:株式会社オービックビジネスコンサルタント 第1部  2023年割増賃金率引き上げに備える!      社労士による「中堅・中小企業のための労務リスク見直し」セミナー2023年4月には中小企業の猶予措置が終了し、月60時間超の時間外労働に対する割増賃金率が引き上げられます。他方、DX(デジタルトランスフォーメーション)の進展に伴い、職務を明確にする「ジョブ型人事」が脚光を浴びていますが、成果のみならず、労働時間当たりの生産性にも着目する必要があります。過剰な残業への抑制手法や、労働時間制度の適正な運用に必要な視点をおさえられます。アフターコロナを見据え、今、見直すべき労務管理のポイントを解説します。講師:アクタス社会保険労務士法人 代表社員 特定社会保険労務士 松澤 隆志 氏 第2部  適正な労働時間管理に徹底貢献!「奉行Edge勤務管理クラウド」のご紹介自社の就業ルールと従業員ごとの働き方に応じた複雑な勤怠管理を自動化する充実の機能を備えている「奉行Edge勤務管理クラウド」をご紹介します。講師:株式会社オービックビジネスコンサルタント     SI・コンサルティングパートナー推進室 課長代理 石黒 邦明 氏
  • 29
※11月10日に開催されたWebセミナーの録画配信です 視聴期間:2021月12月1日(水)~2022年2月28日(月)主催:NECネクサソリューションズ共催:ウイングアーク1st株式会社 第1部  DX検討の進め方 ~まずは目的と課題から世の中のDX事例は「革新的な」「すごいこと」ばかりですが、検討する際は、「何をするか」より、「目的と課題の認識」が重要です。 本セッションでは中堅・中小企業の取組み事例や当社サービスの紹介を交えて、DX検討のポイントについて、ご説明します。【説明】NECネクサシリューションズ  第2部  データと業務を技術で繋げる!ウイングアーク流DataOpsのご紹介現場の状態を正しく指標として把握し、データを収集・活用するためにはデータ(Data)と業務(Operations)を技術で繋げるソリューションが必要となります。本セッションでは現在の業務を変更せず、簡単かつスピーディに立ち上げ、データ収集から時系列の蓄積・分析までを実現する『DataOps』ソリューションを事例を交えてご紹介します。【講師】ウイングアーク1st株式会社
  • 105
配信日時:2021.11.29(月)13:30~16:00 ※終了時刻は変動する場合がございます。予めご了承ください。会 場:Webセミナー主 催:NECネクサソリューションズ共 催:ウイングアーク1st株式会社With COVID-19時代のワークスタイル変革は進んでいますが課題も見えてきています。また、電子帳簿保存法の改正やデジタル庁発足に代表される日本社会のデジタル化を推し進める動きは加速しています。自社のデジタル化を考えるには、”今”だけではなく”これからの10年”を見据えていく必要があります。今何を考え、どのような手を打つべきなのか。はじめの一歩となる打ち手、デジタル化推進の方向性をお伝えします。
  • 725
視聴期間:2021年11月22日(月)~ 2022年1月31日(月)会場:Webセミナー (オンデマンド配信) ※11月11日・19日に開催されたWebセミナーのオンデマンド配信です。主催:NECネクサソリューションズ協力:アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社 第1部  Amazonのイノベーションを支えるクラウドAWSと物流倉庫 「Fulfillment Center」について講師:アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社ECサイトの配送でもお客様に多くのWow!をお届けしてきたAmazon。その体験を下支えしてきた物流倉庫 「Fulfillment Center」はAWSとともに進化してきました。データベース、AI・機械学習、IoT、ロボットオートメーション等、物流倉庫の課題をAWSがどのように解決してきたのかを交えながら、物流ロジスティクス業の皆様がクラウドをご利用いただくメリットをお伝えいたします。 第2部  NECネクサソリューションズのAWSへの取り組み ~物流ロジスティクス業界様事例のご紹介~説明:NECネクサソリューションズNECはAWSパートナーの最上位である「APNプレミアコンサルティングパートナー」です。NECネクサソリューションズでは、高度な技術者が多数在籍し豊富な構築・運用実績がございます。物流ロジスティクス業界様の抱えるお困りごとをどのように解決してきたか、また当社でのAWSへの取り組みをご紹介します。参加者皆様のクラウド利用へのはじめの一歩をお手伝いします!
  • 17
2021/11/11 14:00 - 2021/11/19 14:40
Amazonの物流を支える AWSに迫る!
開催日:2021年11月11日(木) 14:00~14:40      2021年11月19日(金) 14:00~14:40 ※両日とも開催内容は一緒です。ご都合の良い日程を選んでお申し込みください。 ※終了時刻は変動する場合がございます。予めご了承ください。会場:Webセミナー 主催:NECネクサソリューションズ協力:アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社 第1部  Amazonのイノベーションを支えるクラウドAWSと物流倉庫 「Fulfillment Center」について講師:アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社ECサイトの配送でもお客様に多くのWow!をお届けしてきたAmazon。その体験を下支えしてきた物流倉庫 「Fulfillment Center」はAWSとともに進化してきました。データベース、AI・機械学習、IoT、ロボットオートメーション等、物流倉庫の課題をAWSがどのように解決してきたのかを交えながら、物流ロジスティクス業の皆様がクラウドをご利用いただくメリットをお伝えいたします。 第2部  NECネクサソリューションズのAWSへの取り組み ~物流ロジスティクス業界様事例のご紹介~説明:NECネクサソリューションズNECはAWSパートナーの最上位である「APNプレミアコンサルティングパートナー」です。NECネクサソリューションズでは、高度な技術者が多数在籍し豊富な構築・運用実績がございます。物流ロジスティクス業界様の抱えるお困りごとをどのように解決してきたか、また当社でのAWSへの取り組みをご紹介します。参加者皆様のクラウド利用へのはじめの一歩をお手伝いします!
  • 216
2021/11/10 13:00 - 2021/11/10 14:00
成功するDX ~企業変革はデータ活用から~
開催日:2021年11月10日(水) 13:00~14:00(終了時刻は変動する場合がございます。予めご了承ください。)会場:Webセミナー主催:NECネクサソリューションズ共催:ウイングアーク1st株式会社 第1部  DX検討の進め方 ~まずは目的と課題から世の中のDX事例は「革新的な」「すごいこと」ばかりですが、検討する際は、「何をするか」より、「目的と課題の認識」が重要です。 本セッションでは中堅・中小企業の取組み事例や当社サービスの紹介を交えて、DX検討のポイントについて、ご説明します。【説明】NECネクサシリューションズ  第2部  データと業務を技術で繋げる!ウイングアーク流DataOpsのご紹介現場の状態を正しく指標として把握し、データを収集・活用するためにはデータ(Data)と業務(Operations)を技術で繋げるソリューションが必要となります。本セッションでは現在の業務を変更せず、簡単かつスピーディに立ち上げ、データ収集から時系列の蓄積・分析までを実現する『DataOps』ソリューションを事例を交えてご紹介します。【講師】ウイングアーク1st株式会社
  • 122
【概要】Withコロナの時代に科学的な営業スタイルを取り入れるためのSFA/CRMを検討されるお客様が増えております。ところが、「SFA/CRMは期待通りの結果に至らない」――。SFA/CRMに取り組んだ多くの企業のトップがこのように言います。そこで、2020年秋に公開し好評だった巴工業様の事例動画を改めてアップすることに致しました。eセールスマネージャーを実際に運用されている橋本課長様の声に接することでSFA/CRMを有効に活用する秘訣を掴んで頂ければと思います。  巴工業様がSFA/CRMを導入した理由  選定したポイント   導入後の定着化のポイントについて分かり易く解説しています。【講師】巴工業株式会社  経営企画室 システム管理課 課長 橋本 和敏 様
  • 43
視聴期間:2021年9月21日(火)~ 2021年10月15日(金)申込締切:2021年10月14日(木)会 場:Webセミナー(オンデマンド配信)※9月14日に開催したセミナーの録画映像配信です主 催:NECネクサソリューションズ共 催:ダイキン工業株式会社 第1部  製造業における顧客対応力強化・生産効率両立のための課題製造業においてマスカスタマイゼーションという言葉が着目されています。これは顧客要望対応と設計/生産効率追求を両立する概念ですが、自主企画製品を製造する企業においても個別受注生産型の企業においても実現には様々な課題が存在します。本セミナーでは製品構造と製造工程のモジュール化、BOMを軸とした企業内の受注~納入~サービスの情報一貫化、デジタル技術やモノ造り技術の活用など、実現するための考え方についてお伝えします。【講師】株式会社日本能率協会コンサルティング シニア・コンサルタント開発・設計マネジメント革新センター センター長 兼デジタルイノベーション事業本部柏木 茂吉 氏 第2部  製造業におけるコミュニケーション改革とICT活用のあるべき姿COVID-19の世界的な感染拡大を契機とした働き方改革の要請は、製造業に新しいコミュニケーションを考えるきっかけとなりました。日本のものづくりの強みであった「阿吽の呼吸」や「すりあわせ」が、従来のワークスタイルでは立ち行かなくなった今、エンジニアリングチェーン全体をデジタル化・可視化しながら組織間での情報連携を強化することが益々重要になります。本セミナーでは、特に個別受注型製造業において競争力強化の源となるリードタイム短縮・コスト遵守を実践するための具体的なICT活用事例をご紹介いたします。 【講師】ダイキン工業株式会社
  • 15
視聴期間:2021年9月21日(火)~ 2021年10月15日(金) 申込締切:2021年10月14日(木)会 場:Webセミナー(オンデマンド配信)※9月10日に開催したセミナーの録画映像配信です主 催:NECネクサソリューションズ 第1部  製造業におけるROIC経営 ~バッチプラント型製造業の改革方向性~ROIC*の活用ポイントは「事業別に・分けて・見る」ことにあり、経営で見る管理と現場で見る管理の展開に繋がりを持つことにあります。 第1部では管理面だけでなく、実際に現場での改善・改革のソリューションに活かすことを目的に、国内製造業の主要領域である多品種少量を軸に素材産業系である「バッチプラント型」を対象として、具体的な改革方向性を事例も含めてご紹介し下記2点について困りごとと改善・改革アプローチを掘り下げます。①コスト比率の最も高い原材料費の削減のポイント②バッチプラント型の特徴である設備と人の稼動率を最大限に高めるためのポイント   *ROIC(投下資本利益、Return on Invested Capital)【講師】株式会社日本能率協会コンサルティング チーフ・コンサルタント 生産コンサルティング事業本部 生産エンジニアリング革新センター 山本 真也 氏 第2部  国産フルWeb-ERPシステム「EXPLANNER/Z」のご紹介販売・会計に加え生産・原価計算も含めた製販一体の業務改善をご検討のお客様向けに、国産フルWeb-ERPシステム「EXPLANNER/Z」を、その全体像と特長、及び構成する各サブシステムの機能概要をご紹介します。今回は経営指標に役立つ原価計算の考え方に関しても深くご案内をさせていただきます。【説明】NECネクサソリューションズ 第三システム事業部 シニアマネージャー 玉井 淳二
  • 25
視聴期間:2021年9月21日(火)~ 2021年10月15日(金) 会 場:Webセミナー(オンデマンド配信)※8月25日に開催したセミナーの録画映像配信です主 催:NECネクサソリューションズ共 催:株式会社サトー 第1部   食品製造業における製造機能強化の現実解をさぐる食品製造業ではここ数年でDX化の流れとともに、改めて様々な自動化の取り組みが進みつつあります。しかしながら、手段先行で様々な設備やシステムを導入した結果、ちぐはぐな生産ラインが生まれてしまうという事が起きています。本セミナーでは、生産機能としての今後備えるべき基盤とその機能強化の方向性、具体的に取り組むべき重要な論点を取り扱い、食品製造業における生産性向上、付加価値向上にむけた現実解についてお伝えします。【講師】株式会社日本能率協会コンサルティング シニア・コンサルタント生産コンサルティング事業本部 プロセス・デザイン革新センター 島崎 里史 氏 第2部   本当に役立つ 製造管理システム『FOOD-Pro』のご紹介原材料入荷から製品出荷まで。工場内のモノの動きを管理する製造管理システムをご紹介します。・原材料のロット管理により、先入れ・先出しの実施で廃棄ロスの発生を防止します!・製造時の誤計量・誤投入を防止します!・上位システムとの連携により、入力業務を削減します!・クレームや事故発生時の原因調査・回収など、トレサビリティ情報の迅速な把握に!【説明】株式会社サトー
  • 17
開催日:2021年9月14日(火)11:00~12:30 (※終了時間は前後する場合がございます。予めご了承ください。) 会 場:Webセミナー主 催:NECネクサソリューションズ共 催:ダイキン工業株式会社 第1部  製造業における顧客対応力強化・生産効率両立のための課題製造業においてマスカスタマイゼーションという言葉が着目されています。これは顧客要望対応と設計/生産効率追求を両立する概念ですが、自主企画製品を製造する企業においても個別受注生産型の企業においても実現には様々な課題が存在します。本セミナーでは製品構造と製造工程のモジュール化、BOMを軸とした企業内の受注~納入~サービスの情報一貫化、デジタル技術やモノ造り技術の活用など、実現するための考え方についてお伝えします。【講師】株式会社日本能率協会コンサルティング シニア・コンサルタント開発・設計マネジメント革新センター センター長 兼デジタルイノベーション事業本部柏木 茂吉 氏 第2部  製造業におけるコミュニケーション改革とICT活用のあるべき姿COVID-19の世界的な感染拡大を契機とした働き方改革の要請は、製造業に新しいコミュニケーションを考えるきっかけとなりました。日本のものづくりの強みであった「阿吽の呼吸」や「すりあわせ」が、従来のワークスタイルでは立ち行かなくなった今、エンジニアリングチェーン全体をデジタル化・可視化しながら組織間での情報連携を強化することが益々重要になります。本セミナーでは、特に個別受注型製造業において競争力強化の源となるリードタイム短縮・コスト遵守を実践するための具体的なICT活用事例をご紹介いたします。 【講師】ダイキン工業株式会社  関連情報 コラムまとめページはこちら 
  • 57
開催日:2021年9月10日(金)11:00~12:30 (※終了時間は前後する場合がございます。予めご了承ください。)会 場:Webセミナー主 催:NECネクサソリューションズ 第1部  製造業におけるROIC経営 ~バッチプラント型製造業の改革方向性~ROIC*の活用ポイントは「事業別に・分けて・見る」ことにあり、経営で見る管理と現場で見る管理の展開に繋がりを持つことにあります。 第1部では管理面だけでなく、実際に現場での改善・改革のソリューションに活かすことを目的に、国内製造業の主要領域である多品種少量を軸に素材産業系である「バッチプラント型」を対象として、具体的な改革方向性を事例も含めてご紹介し下記2点について困りごとと改善・改革アプローチを掘り下げます。①コスト比率の最も高い原材料費の削減のポイント②バッチプラント型の特徴である設備と人の稼動率を最大限に高めるためのポイント   *ROIC(投下資本利益、Return on Invested Capital)【講師】株式会社日本能率協会コンサルティング チーフ・コンサルタント 生産コンサルティング事業本部 生産エンジニアリング革新センター 山本 真也 氏 第2部  国産フルWeb-ERPシステム「EXPLANNER/Z」のご紹介販売・会計に加え生産・原価計算も含めた製販一体の業務改善をご検討のお客様向けに、国産フルWeb-ERPシステム「EXPLANNER/Z」を、その全体像と特長、及び構成する各サブシステムの機能概要をご紹介します。今回は経営指標に役立つ原価計算の考え方に関しても深くご案内をさせていただきます。【説明】NECネクサソリューションズ 第三システム事業部 シニアマネージャー 玉井 淳二 関連情報 コラムまとめページはこちら 
  • 56
 ご好評につき、オンデマンド配信をご案内しております≫詳細はこちら開催日:2021年8月25日(水)11:00~12:15         (※終了時間は前後する場合がございます。予めご了承ください。)会 場:Webセミナー主 催:NECネクサソリューションズ共 催:株式会社サトー 第1部   食品製造業における製造機能強化の現実解をさぐる食品製造業ではここ数年でDX化の流れとともに、改めて様々な自動化の取り組みが進みつつあります。しかしながら、手段先行で様々な設備やシステムを導入した結果、ちぐはぐな生産ラインが生まれてしまうという事が起きています。本セミナーでは、生産機能としての今後備えるべき基盤とその機能強化の方向性、具体的に取り組むべき重要な論点を取り扱い、食品製造業における生産性向上、付加価値向上にむけた現実解についてお伝えします。【講師】株式会社日本能率協会コンサルティング シニア・コンサルタント生産コンサルティング事業本部 プロセス・デザイン革新センター 島崎 里史 氏 第2部   本当に役立つ 製造管理システム『FOOD-Pro』のご紹介原材料入荷から製品出荷まで。工場内のモノの動きを管理する製造管理システムをご紹介します。・原材料のロット管理により、先入れ・先出しの実施で廃棄ロスの発生を防止します!・製造時の誤計量・誤投入を防止します!・上位システムとの連携により、入力業務を削減します!・クレームや事故発生時の原因調査・回収など、トレサビリティ情報の迅速な把握に!【説明】株式会社サトー 関連情報 コラムまとめページはこちら
  • 119
視聴期間:2021年7月7日 ~ 2021年12月28日受付期間: 2021年12月27日まで会場:オンデマンド配信主催:NECネクサソリューションズ様々な業務シーンで活用されているRPA。今回は基幹システムとその周辺システムの連携に着眼し、WEB-EDIシステムの注文データの取込から基幹システムへの受注登録までの自動化と、送られてきた請求書をOCRを用いてデータ化し、基幹システムの仕入明細との突合までの一連の流れについて、実際のロボットの動きを交えご紹介します。加えて月額料金でご利用頂ける、クラウド型ロボットサービスとテレワークに対応したワークフローシステムをご紹介します。◆RPAを使ったWeb-EDIから受注データ取り込み自動化◆RPAを使った請求書からの支払検収業務の自動化◆クラウド型RPAサービス『Robot as a Service』ご紹介◆ワークフローシステム「EXPLANNER/FLⅡ」のご紹介 基幹系業務の自動化・効率化にご興味のあるお客様、販売・会計に加え、生産・原価計算も含めた製版一体の業務改善をご検討のお客様向けに、国産フルWeb-ERPシステム「EXPLANNER/Z」を、その全体像と特長、及び、構成する各サブシステムの機能概要をご紹介します。また、ユニバーサルデザインを採用した画面、及び、操作性についてもデモを通してご紹介します。 ◆国産フルWeb-ERPシステム「EXPLANNER/Z」のご紹介(共通ー業務共通) ◆国産フルWeb-ERPシステム「EXPLANNER/Z」のご紹介(販売) ◆国産フルWeb-ERPシステム「EXPLANNER/Z」のご紹介(会計) ◆国産フルWeb-ERPシステム「EXPLANNER/Z」のご紹介(債権・債務) ◆国産フルWeb-ERPシステム「EXPLANNER/Z」のご紹介(生産) ◆国産フルWeb-ERPシステム「EXPLANNER/Z」のご紹介(デモ)
  • 397
-ABOUT-New Normalな社会状況においてのリモートワークを前提とした仕事の仕方が強く求められています。しかし、多くの企業が契約文書作成・押印業務等を理由に出社するという実態も明らかになっており、テレワークを阻害する要因になっています。本当の意味でのテレワークの実現において、ペーパーレス化は大きな課題の一つです。改めてペーパーレス化とは何か、また、実現するにあたってのソリューションについてご紹介いたします。  (※下記リンクをクリック後、動画視聴画面へ遷移します。)1.テレワークの阻害要因 紙・ハンコ文化からの脱却に向けて 2.AI-OCRとRPAを活用した入力業務効率化ソリューションのご紹介3.「クラウドサイン」×「intra-mart」で契約管理業務の効率化を実現(※下記リンクをクリック後、資料ダウンロードページへ遷移します。)1.入力(インプット)業務の効率化 ご紹介2.電子文書(契約書等)の管理効率化のご紹介
  • 255
テレワークを実施することで従業員負担の軽減や生産性向上、離職率の低下、企業イメージ向上などの様々なメリットがあると言われています。一見いいことばかりに見えるテレワークですが、実施にあたり、労働時間の管理や環境整備、セキュリティなど考慮すべき課題もあります。今回のセミナーでは、テレワーク実施に伴う課題に対するLanScopeシリーズの活用術をご紹介します。
  • 31
視聴期間:~2021月3月31日(水)まで主催:NECネクサソリューションズ / 共催:ダイキン工業株式会社【講演概要】化学業の重要な課題として製品力強化による利益拡大、新規領域への進出による売り上げ拡大が命題としてある一方、コロナ禍による景気悪化や働き方の変化の影響を受け、市場環境と自社内の環境が著しく変化しています。このような外的・内的環境において化学業が生き残るためには、属人化しがちな開発手法からいち早く脱して、徹底したムダの排除による研究開発の効率化が求められています。当セミナーでは、自部門内をしっかり行い、部門間を越えて顧客の要求を正しく速やかに伝達、共有することで、 ・手戻りの防止、流用開発の推進による大幅なQCD向上の実現 ・属人化の排除による企業の財産、付加価値であるナレッジ化の推進を図るためのしくみとして、SpaceFinderの導入・活用例をご紹介します。講演1:組織間を超えた情報伝達で研究開発のQCD向上~ものづくり情報共有ソリューション~SpaceFinderのご紹介~化学業界における企業の競争力を高めるための方法として組織間を超えた情報伝達による研究開発のQCD向上に着目し、その業務改題とITソリューションによる業務効率化のポイントについてご紹介します。 ≫動画視聴はこちら講演2:導入事例「化学・化成品メーカー様」取り巻く市場環境の変化による製品品質向上に向けた開発プロセスの見直しを通して業務改善を実施された化学・化成品メーカー様の事例をご紹介します。≫動画視聴はこちら講演3:ものづくり情報共有ソリューション SpaceFinderのご紹介SpaceFinderの概要・機能をデモンストレーションを交えてご紹介します。 ≫動画視聴はこちら【関連情報】SpaceFinder(スペースファインダー)
  • 194
視聴期間:~2021年3月31日(水)まで主催:NECネクサソリューションズ / 共催:ダイキン工業株式会社【講演概要】製造業の中長期的な課題として労働人口が減少している中、コロナ禍による景気悪化や働き方の変化の影響を受け、先行きの不透明感が一層と強くなっております。このような市場環境において国内自動車部品製造業が生き残るためには、顧客の高い品質要求に応えることと付加価値の高い業務にシフトし、競合他社との競争力を高めることが求められています。当セミナーでは自動車部品製造業のソリューション事例より、製品企画・開発フェーズにおける解決シナリオとして、業界規格(IATF16949)をクリアしつつフロントローディング開発により増加する設計・開発作業の効率化を実現するための、SpaceFinderの導入・活用例をご紹介させていただきます。講演1:開発上流の品質強化により企業の競争力を高める~製品開発見える化ソリューション「SpaceFinder」のご紹介~自動車部品業界における企業の競争力を高めるための方法の一つとして、開発上流プロセスの改革に着目し、その業務課題とITソリューションによる業務効率化の対策ポイントについてご紹介します。≫動画視聴はこちら講演2:導入事例「自動車部品製造業様」「IATF16949の取得に向けた取り組みとSpaceFinderの活用事例のご紹介」というテーマで、セッション1でお話をした開発上流のプロセス改革を進めるための取組みとして、自動車部品製造業のB様での活用事例をご紹介します。≫動画視聴はこちら講演3:ものづくり情報共有ソリューション SpaceFinderのご紹介SpaceFinderの概要・機能をデモンストレーションを交えてご紹介します。 ≫動画視聴はこちら【関連情報】SpaceFinder(スペースファインダー)
  • 150
視聴期間:~ 2021年3月31日(水)まで主催:NECネクサソリューションズ / 共催:ダイキン工業株式会社【概要】製造業の中長期的な課題として労働人口の減少、現場力の低下が懸念されている中、コロナ禍による景気悪化や働き方の変化の影響を受け、先行きの不透明感が一層強くなっております。このような市場環境においてCTO型製造業が生き残るためには、「顧客の個別要求への対応とQCD向上」という相反する課題を両立し、競合他社との競争力を高めることが求められています。当セミナーでは、顧客の要求を部門を越えて正しく速やかに伝達、共有することで、・手戻りの防止、流用設計の推進による大幅なQCD向上の実現・企業の財産、付加価値であるナレッジ化の推進を図るためのしくみとして、SpaceFinderの導入・活用例をご紹介させていただきます。講演1:顧客対応力の強化によりQCD向上とナレッジ化を実現~ものづくり情報共有ソリューションSpaceFinderの活用例~製造業が今後目指すべき「顧客ニーズ対応力の強化」と「デジタル化の推進」についてお話すると共に、その方向性に対する現状課題、そして解決策となるITソリューションをご紹介します。≫動画視聴はこちら講演2:導入事例「中堅ポンプメーカー様」[顧客要求]に応じて個別仕様設計を行うCTO型製造業の課題に対する具体的な解決例として、中堅ポンプメーカー様の事例をご紹介します。≫動画視聴はこちら講演3:ものづくり情報共有ソリューション SpaceFinderのご紹介SpaceFinderの概要・機能をデモンストレーションを交えてご紹介します。 ≫動画視聴はこちら【関連情報】SpaceFinder(スペースファインダー)
  • 163
視聴期間:2020年11月9日(月)~12月11日(金)申込期間:2020年11月9日(月)~12月9日(水) まで 主催:NECネクサソリューションズ / 共催:ダイキン工業株式会社【講演概要】化学業の重要な課題として製品力強化による利益拡大、新規領域への進出による売り上げ拡大が命題としてある一方、コロナ禍による景気悪化や働き方の変化の影響を受け、市場環境と自社内の環境が著しく変化しています。このような外的・内的環境において化学業が生き残るためには、属人化しがちな開発手法からいち早く脱して、徹底したムダの排除による研究開発の効率化が求められています。当セミナーでは、自部門内をしっかり行い、部門間を越えて顧客の要求を正しく速やかに伝達、共有することで、 ・手戻りの防止、流用開発の推進による大幅なQCD向上の実現 ・属人化の排除による企業の財産、付加価値であるナレッジ化の推進を図るためのしくみとして、SpaceFinderの導入・活用例をご紹介します。講演1:組織間を超えた情報伝達で研究開発のQCD向上~ものづくり情報共有ソリューション~SpaceFinderのご紹介~化学業界における企業の競争力を高めるための方法として組織間を超えた情報伝達による研究開発のQCD向上に着目し、その業務改題とITソリューションによる業務効率化のポイントについてご紹介します。 ≫動画視聴はこちら講演2:導入事例「化学・化成品メーカー様」取り巻く市場環境の変化による製品品質向上に向けた開発プロセスの見直しを通して業務改善を実施された化学・化成品メーカー様の事例をご紹介します。≫動画視聴はこちら講演3:ものづくり情報共有ソリューション SpaceFinderのご紹介SpaceFinderの概要・機能をデモンストレーションを交えてご紹介します。 ≫動画視聴はこちら【関連情報】SpaceFinder(スペースファインダー)
  • 75
視聴期間:2020年11月9日(月)~12月11日(金)申込期間:2020年11月9日(月)~12月9日(水) まで 主催:NECネクサソリューションズ / 共催:ダイキン工業株式会社【講演概要】製造業の中長期的な課題として労働人口が減少している中、コロナ禍による景気悪化や働き方の変化の影響を受け、先行きの不透明感が一層と強くなっております。このような市場環境において国内自動車部品製造業が生き残るためには、顧客の高い品質要求に応えることと付加価値の高い業務にシフトし、競合他社との競争力を高めることが求められています。当セミナーでは自動車部品製造業のソリューション事例より、製品企画・開発フェーズにおける解決シナリオとして、業界規格(IATF16949)をクリアしつつフロントローディング開発により増加する設計・開発作業の効率化を実現するための、SpaceFinderの導入・活用例をご紹介させていただきます。講演1:開発上流の品質強化により企業の競争力を高める~製品開発見える化ソリューション「SpaceFinder」のご紹介~自動車部品業界における企業の競争力を高めるための方法の一つとして、開発上流プロセスの改革に着目し、その業務課題とITソリューションによる業務効率化の対策ポイントについてご紹介します。≫動画視聴はこちら講演2:導入事例「自動車部品製造業様」「IATF16949の取得に向けた取り組みとSpaceFinderの活用事例のご紹介」というテーマで、セッション1でお話をした開発上流のプロセス改革を進めるための取組みとして、自動車部品製造業のB様での活用事例をご紹介します。≫動画視聴はこちら講演3:ものづくり情報共有ソリューション SpaceFinderのご紹介SpaceFinderの概要・機能をデモンストレーションを交えてご紹介します。 ≫動画視聴はこちら【関連情報】SpaceFinder(スペースファインダー)
  • 53
視聴期間:2020年11月9日(月)~12月11日(金)申込期間:2020年11月9日(月)~12月9日(水) まで 主催:NECネクサソリューションズ / 共催:ダイキン工業株式会社【概要】製造業の中長期的な課題として労働人口の減少、現場力の低下が懸念されている中、コロナ禍による景気悪化や働き方の変化の影響を受け、先行きの不透明感が一層強くなっております。このような市場環境においてCTO型製造業が生き残るためには、「顧客の個別要求への対応とQCD向上」という相反する課題を両立し、競合他社との競争力を高めることが求められています。当セミナーでは、顧客の要求を部門を越えて正しく速やかに伝達、共有することで、・手戻りの防止、流用設計の推進による大幅なQCD向上の実現・企業の財産、付加価値であるナレッジ化の推進を図るためのしくみとして、SpaceFinderの導入・活用例をご紹介させていただきます。講演1:顧客対応力の強化によりQCD向上とナレッジ化を実現~ものづくり情報共有ソリューションSpaceFinderの活用例~製造業が今後目指すべき「顧客ニーズ対応力の強化」と「デジタル化の推進」についてお話すると共に、その方向性に対する現状課題、そして解決策となるITソリューションをご紹介します。≫動画視聴はこちら講演2:導入事例「中堅ポンプメーカー様」[顧客要求]に応じて個別仕様設計を行うCTO型製造業の課題に対する具体的な解決例として、中堅ポンプメーカー様の事例をご紹介します。≫動画視聴はこちら講演3:ものづくり情報共有ソリューション SpaceFinderのご紹介SpaceFinderの概要・機能をデモンストレーションを交えてご紹介します。 ≫動画視聴はこちら【関連情報】SpaceFinder(スペースファインダー)
  • 76
【概要】新型コロナウィルス感染症拡大により、多くの組織で出社制限や在宅勤務を強いられる状況になりました。Withコロナ、AfterコロナにおけるNew Normalでの有効な働き方はどのようなものか、NECグループの実践事例と照らし合わせて、ご紹介します。  資料ダウンロードはこちら 【関連情報】働き方改革・テレワーク
  • 363
エンタープライズ型PRA「Blue Prism」徹底解説 Blue Prism「Silver Delivery Provider」認定ベンダー(国内唯一)のNECネクサソリューションズがエンタープライズ型PRA「Blue Prism」導入方法について分かりやすく解説します。(全9回)第2回以降のご視聴は、こちらよりお申込みください。ーー全9回シリーズでお届けしますーー•第1回_今さら聞けない?RPAの基本•第2回_RPAのパイオニア「Blue Prism」徹底解説•第3回_入れたら終わりじゃない「RPA運用の体制・ルール」のポイント•第4回_完全リモート・スモールスタートの実現「Robot as a Service導入の勧め」•第5回_テレワークの実現へ「ペーパレス化実現セミナー」•第6回_「エンタープライズRPA」導入のポイント•第7回_RPA効果拡大に向けて「プロセスマイニングの勧め」•第8回_RPA導入事例に関するディスカッション•第9回_Blue Prismデベロッパー救済「なぜロボットが止まるのか」
  • 363
公開期間:2020年12月28日(月)18:00 迄【概要】CRM/SFAの導入理由は、「営業活動の見える化」「顧客・名刺情報の資産化」「業務効率化」などさまざまあると思いますが、CRM/SFAを活用することで最終的に目指すゴールは「効率的に売上を拡大すること」にあります。 コロナ禍でお客様との面談ができにくい状態の中、遅れてしまった営業計画を取り戻すCRM/SFAの活用方法をお伝えします。  【講師】ソフトブレーン株式会社 本社営業本部 営業1部 部長 川上 大樹 氏
  • 10