表示対象:
開催日:2022年2月24日(木)15:00~16:15 ※終了時刻は、変動する場合がございます。予めご了承ください。会 場:Webセミナー (無料)主 催:NECネクサソリューションズ共 催:株式会社オービックビジネスコンサルタント 第1部 2人の専門家がズバリ解説 「社労士×産業医」健康経営対談セミナー従業員のメンタルヘルスケアはコストではなく投資です。コロナ禍も相まって、企業現場でもメンタル不調者による面談者が後を絶ちません。背景には新型コロナウイルスによる感染や収入が減少する不安やコミュニケーションの変化、長時間労働などがあります。企業は一早く、メンタルヘルスケアの課題に取り組む必要があります。第1部は以下4つのポイントを産業医と社労士の視点で解説します。①メンタルヘルスケアを行う意義②メンタル不調を早期発見するポイント③テレワークによる長時間労働を防ぐ手法④勤怠から見える法令順守と健康経営【講師】 汐留社会保険労務士法人 社会保険労務士・行政書士  新井 将司 氏      日本医師会認定産業医  和田 悠起子 氏 第2部 労務リスク対策を仕組化できる「奉行Edge勤怠管理クラウド」「奉行Edgeメンタルヘルスケアクラウド」のご紹介第2部では、業種業態に応じた一連の勤怠管理を自動化できる「奉行Edge勤怠管理クラウド」、メンタル不調による休職・退職を予防し、労務リスク対策を仕組み化できる「奉行Edgeメンタルヘルスケアクラウド」をご紹介します。【講師】 株式会社オービックビジネスコンサルタント
  • 27
開催日:2022年1月28日(金)13時~14時 ※終了時刻は前後する場合がございます。予めご了承ください。申込締切:2022年1月27日(木)会場:Webセミナー(無料) 主催:NECネクサソリューションズ 共催:株式会社クレオ2022年1月施行の電子帳簿保存法について、2年間猶予される見通しですが、自社での対応準備を進められていることと存じます。一方で、対応方法に疑問をお持ちの情報システム部門や財務・経理部門の方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回のWebセミナーでは、電子帳簿保存法の改正で押さえるべき要点や、経理を始めとした業務の改善提案、及び社内の対象帳票の選定など、デジタル化に必要な事前検討事項についてご紹介します。   第一部   電帳法対応から広がる業務改善電子帳簿保存法の対応について、これからどうすべきか。経理を始めとした、紙を使う業務の改善と、2023年10月から始まるインボイス(適格請求書)を踏まえて解説します。【説明】NECネクサソリューションズ   第二部   スキャナ保存と電子取引データの保管対応 電子帳簿保存法で対象となる帳簿及び書類について、文書管理システムでのスキャナ保存要件や電子取引の取引情報保存要件対応など、導入支援サービス内容を含めてご提案します。【講師】株式会社クレオ
  • 147
開催日:2021年11月26日(金)15:30~16:40                       ※終了時刻は変動する場合がございます。予めご了承ください。会 場:Webセミナー主 催:NECネクサソリューションズ共 催:株式会社オービックビジネスコンサルタント 第1部  2023年割増賃金率引き上げに備える!      社労士による「中堅・中小企業のための労務リスク見直し」セミナー2023年4月には中小企業の猶予措置が終了し、月60時間超の時間外労働に対する割増賃金率が引き上げられます。他方、DX(デジタルトランスフォーメーション)の進展に伴い、職務を明確にする「ジョブ型人事」が脚光を浴びていますが、成果のみならず、労働時間当たりの生産性にも着目する必要があります。過剰な残業への抑制手法や、労働時間制度の適正な運用に必要な視点をおさえられます。アフターコロナを見据え、今、見直すべき労務管理のポイントを解説します。講師:アクタス社会保険労務士法人 代表社員 特定社会保険労務士 松澤 隆志 氏 第2部  適正な労働時間管理に徹底貢献!「奉行Edge勤務管理クラウド」のご紹介自社の就業ルールと従業員ごとの働き方に応じた複雑な勤怠管理を自動化する充実の機能を備えている「奉行Edge勤務管理クラウド」をご紹介します。講師:株式会社オービックビジネスコンサルタント      SI・コンサルティングパートナー推進室 課長代理 石黒 邦明 氏
  • 50
日時:2021.2.24(水)16:00~17:30  ※セミナー終了時刻は変動する場合がございます。会場:Webセミナー主催:NECネクサソリューションズ 共催:株式会社日本能率協会コンサルティング講演1:「テレワーク時代を成功に導く10の課題と4つの秘訣」≫講演資料はこちら【概要】コロナ禍に置かれ、余儀なくテレワークを始めた企業も多いと思います。テレワーク診断の最新の集計結果から浮彫になる困りごとや課題を解説し、IT環境、業務・マネジメントの視点からアフターコロナを見据えた課題解決の進め方を解き明かします。☆簡易テレワーク診断シートに回答頂いた内容の分析結果をお話します。回答頂いた方必見です!【講師】株式会社日本能率協会コンサルティング講演2:「中堅企業が進める業務改善を成功させるために必要不可欠な改善の進め方とは」≫講演資料はこちら 【概要】業務改善は、ビジョンに沿った目的であること、実現する目標や目標への道すじが明確になっていることが重要です。そして業務改革の意味を納得し、自分事として動くことが改革を推進する鍵となります。業務改善を成功させるために必要不可欠な改善の進め方についてお話しいたします。【講師】株式会社日本能率協会コンサルティング講演3:「テレワークを支えるクラウドプラットフォームサービスのご紹介」≫講演資料はこちら 【概要】New Normal時代の新たな働き方として、テレワークの導入が進んでいます。しかしテレワーク実現のためには、制度と合わせてITインフラの整備が必要です。すぐに始めたいけど、セキュリティ対策や導入後の運用も心配だという声も多くお伺いします。これらのお悩みを解決し、月額費用だけで導入できる「クラウドプラットフォームサービス」のご紹介をさせていただきます。【説明】NECネクサソリューションズ
  • 95
~ ペーパーレスを実現するデジタル化への道を専門家が徹底解説 ~電子帳簿保存法は、令和3年度税制改正において「スキャナ保存制度」の抜本的な見直しが行われることとなりました。税務署長への事前承認や定期検査が廃止されるなど、かなり使いやすくなります。本セミナーでは、経理の視点に立った経理業務の効率化、ペーパーレス化を支援されているアクタス税理士法人様から、さらに要件が緩和される「スキャナ保存制度」から、令和2年度税制改正で要件緩和された「電子取引」まで、中小・中堅企業の経理におすすめするテレワーク活用術を、最新情報も含めご紹介します。第1部:電子帳簿保存法「電子取引」の改正により領収書の受領が不要に!第2部:経理部門のペーパーレスを実現する   「勘定奉行クラウド+証憑保管アセンブリ」最新機能と成功事例のご紹介視聴期間:2021.1.14(木)~ 3.31(水)申込期間:2021.3.29(月)23時59分 まで
  • 286
当社のクラウドプラットフォームサービスをご紹介します。現在、コロナ禍により、テレワークをされている企業様も多いかと思います。そのようなNew Normalな環境下での、おすすめのサービスです。
  • 17