表示対象:
申込受付中
配信期間:2022年4月21日(木)~5月20日(金)申込締切:2022年5月19日(木)会場:オンデマンド配信主催:NECネクサソリューションズ共催:株式会社朋電舎   第1部 医薬品製造業における攻めのIT活用の勘どころ【講師】株式会社日本能率協会コンサルティング生産コンサルティング事業本部 プロセス・デザイン革新センター シニア・コンサルタント 島崎 里史 氏医薬品製造業を取り巻く環境の理解を踏まえ、GMPの発想における管理の考え方、システム化に向けての課題や管理の枠組み、管理の急所を具体的な事例を通し、余地や盲点を見た上で、ITと管理プロセスを融合し、管理を強くするITについての考え方を解説します。   第2部 品質管理システムと秤量システムのご紹介【説明】株式会社朋電舎多数の導入事例を持つ品質管理システム「Expert LiMS」は、実験室内の試験業務を統合管理するシステムであり、分析業務の全てのフェーズで情報を管理することで、品質保証のレベルを向上させる事を可能とします。また、自動で監査証跡を作成し、間違いを防止する事でデータの信頼性と品質を向上させる指図秤量をベースとする秤量システムをご紹介します。お申し込みに際して:同業の企業様、個人のお客様の申し込みはお断りする場合がございます。
  • 45
配信期間:2022年3月31日(木)まで   ※2022年1月20日 (木) に開催されたWebセミナーのオンデマンド配信です。 主催:NECネクサソリューションズ 共催:NECプラットフォームズ 第1部 ものづくり現場改善の進め方 NECグループでハードウェアの製造メーカーとしての役割を担うNECプラットフォームズでは工場の現場改善としてDX、IoT化に積極的に取組んでいます。 現場改善に向けた現場アセスメントによりDX、IoT化の目的・優先度を明確にし、スマートファクトリー化を実現するための手段として現場情報の統合化を推進しています。 本章では中堅製造業のお客様にも実現可能な取組みについてご説明します。 【説明】NECプラットフォームズ   第2部 現場改善事例・DX化アセスメントサービスのご紹介  課題抽出、目標設定、改善活動について5つの改善活動 ・現場アセスメントによる課題抽出 ・設備の可視化と目標設定 ・人作業の可視化と目標設定 ・タブレットによる改善活動(省力化) ・RFIDによる改善活動(省人化)  これらを実現するための現実的なDXによる改善手法についてご説明します。 【説明】NECプラットフォームズ
  • 71
配信期間:2022年2月18(金)12時~3月31日(木)会場:オンデマンド配信(2月18日に開催されたWebセミナーのオンデマンド配信です)主催:NECネクサソリューションズ協力:アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社DXというキーワードが注目されているなか、プロセス業のお客様からは検討出来ていない、検討し始めているが具体的な方法論までは至っていないなどお悩み・課題をよくお聞きします。本セミナーでは、データの簡単な収集・蓄積方法や、その活用事例を通して、DX実現イメージをお伝えします。   第1部  製造現場のカイゼン活動を支えるAWS ~データ活用基盤を中核に据えた生産性向上~講師:アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社工場のDXでは、データ収集・蓄積・分析・アクションの4つが重要になります。AWSが提供する"IT部品"を組み合わせることで、上記の4つを簡単に実現でき、多くの製造現場でのカイゼンの実現に繋がっています。第1部では、それらのカイゼン事例を通して、工場で使える"IT部品"群をご紹介します。   第2部  クラウド×AIで、配合や製造設定の微調整で歩留まり改善に挑戦!「製造品質の安定に寄与するAWSを活用したAIソリューション」説明:NECネクサソリューションズAWSの活用を始めるにしても、ゼロから始めるのには少し難しく感じることもあります。第2部では、誰でも簡単に製品配合や製造設定の微調整が行えて、製造工程での歩留まり改善に利用出来るAIソリューションについて、実際のお客様事例を含めてご紹介します。
  • 98
開催日:2022年2月18(金) 10:30~11:30 ※終了時刻は変動する場合がございます。予めご了承ください会場:Webセミナー(無料)主催:NECネクサソリューションズ協力:アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社DXというキーワードが注目されているなか、プロセス業のお客様からは検討出来ていない、検討し始めているが具体的な方法論までは至っていないなどお悩み・課題をよくお聞きします。本セミナーでは、データの簡単な収集・蓄積方法や、その活用事例を通して、DX実現イメージをお伝えします。  第1部 製造現場のカイゼン活動を支えるAWS ~データ活用基盤を中核に据えた生産性向上~説明:アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社工場のDXでは、データ収集・蓄積・分析・アクションの4つが重要になります。AWSが提供する"IT部品"を組み合わせることで、上記の4つを簡単に実現でき、多くの製造現場でのカイゼンの実現に繋がっています。第1部では、それらのカイゼン事例を通して、工場で使える"IT部品"群をご紹介します。  第2部 クラウド×AIで、配合や製造設定の微調整で歩留まり改善に挑戦!「製造品質の安定に寄与するAWSを活用したAIソリューション」説明:NECネクサソリューションズAWSの活用を始めるにしても、ゼロから始めるのには少し難しく感じることもあります。第2部では、誰でも簡単に製品配合や製造設定の微調整が行えて、製造工程での歩留まり改善に利用出来るAIソリューションについて、実際のお客様事例を含めてご紹介します。
  • 108
視聴期間:2022年2月17日(木) 12時~2022年3月31日(木)会場:オンデマンド配信(2022年2月17日に開催されたWebセミナーのオンデマンド配信です。)主催:NECネクサソリューションズ共催:ダイキン工業株式会社   第1部   個別受注におけるエンジニアリングチェーン改革による収益体質化個別受注型製造業において、エンジニアリングチェーンとは引合以降の見積~設計~製造手配業務の流れであり、製造の上流プロセスに位置づけられます。多様な顧客仕様を満たしながら利益の確保という相反する両立が求められますが、そのためには、蓄積・整備された情報を活用して的確な仕様決定ができること、全体の業務プロセスを確立することなどが欠かせません。しかし実態としては、仕事の進め方が人の経験に頼った旧態依然とした状態のままでナレッジ化も進まず、事業の継続性に赤信号がともるような企業も多くみられます。本セミナーではエンジニアリングチェーンに焦点をあて、個別受注型製造業を収益体質化するための着眼点やポイントをご説明します。 講師:株式会社日本能率協会コンサルティング シニア・コンサルタント     開発・設計マネジメント革新センター センター長 兼 デジタルイノベーション事業本部     柏木 茂吉 氏    第2部   製造業におけるコミュニケーション改革とICT活用のあるべき姿 COVID-19の世界的な感染拡大を契機とした働き方改革の要請は、製造業に新しいコミュニケーションを考えるきっかけとなりました。日本のものづくりの強みであった「阿吽の呼吸」や「すりあわせ」が、従来のワークスタイルでは立ち行かなくなった今、エンジニアリングチェーン全体をデジタル化・可視化しながら組織間での情報連携を強化することが益々重要になります。 第2部では、特に個別受注型製造業において競争力強化の源となるリードタイム短縮・コスト遵守を実践するための具体的なICT活用事例をご紹介します。 説明:ダイキン工業株式会社
  • 43
開催日:2022年2月17日(木) 10:30~11:30 ※終了時刻は変動する場合がございます。予めご了承ください。会場:Webセミナー(無料)主催:NECネクサソリューションズ共催:ダイキン工業株式会社  第1部  個別受注におけるエンジニアリングチェーン改革による収益体質化個別受注型製造業において、エンジニアリングチェーンとは引合以降の見積~設計~製造手配業務の流れであり、製造の上流プロセスに位置づけられます。多様な顧客仕様を満たしながら利益の確保という相反する両立が求められますが、そのためには、蓄積・整備された情報を活用して的確な仕様決定ができること、全体の業務プロセスを確立することなどが欠かせません。しかし実態としては、仕事の進め方が人の経験に頼った旧態依然とした状態のままでナレッジ化も進まず、事業の継続性に赤信号がともるような企業も多くみられます。本セミナーではエンジニアリングチェーンに焦点をあて、個別受注型製造業を収益体質化するための着眼点やポイントをご説明します。 講師:株式会社日本能率協会コンサルティング シニア・コンサルタント     開発・設計マネジメント革新センター センター長 兼 デジタルイノベーション事業本部     柏木 茂吉 氏   第2部  製造業におけるコミュニケーション改革とICT活用のあるべき姿 COVID-19の世界的な感染拡大を契機とした働き方改革の要請は、製造業に新しいコミュニケーションを考えるきっかけとなりました。日本のものづくりの強みであった「阿吽の呼吸」や「すりあわせ」が、従来のワークスタイルでは立ち行かなくなった今、エンジニアリングチェーン全体をデジタル化・可視化しながら組織間での情報連携を強化することが益々重要になります。 第2部では、特に個別受注型製造業において競争力強化の源となるリードタイム短縮・コスト遵守を実践するための具体的なICT活用事例をご紹介します。 説明:ダイキン工業株式会社
  • 41
開催日:2022年1月20日 (木) 15時~16時 ※終了時刻は変動する場合がございます。予めご了承ください。 会場:Webセミナー(無料)主催:NECネクサソリューションズ共催:NECプラットフォームズ 第1部 ものづくり現場改善の進め方 NECグループでハードウェアの製造メーカーとしての役割を担うNECプラットフォームズでは工場の現場改善としてDX、IoT化に積極的に取組んでいます。 現場改善に向けた現場アセスメントによりDX、IoT化の目的・優先度を明確にし、スマートファクトリー化を実現するための手段として現場情報の統合化を推進しています。 本章では中堅製造業のお客様にも実現可能な取組みについてご説明します。 【説明】NECプラットフォームズ   第2部 現場改善事例・DX化アセスメントサービスのご紹介  課題抽出、目標設定、改善活動について5つの改善活動 ・現場アセスメントによる課題抽出 ・設備の可視化と目標設定 ・人作業の可視化と目標設定 ・タブレットによる改善活動(省力化) ・RFIDによる改善活動(省人化)  これらを実現するための現実的なDXによる改善手法についてご説明します。 【説明】NECプラットフォームズ
  • 159
開催日:2021.11.18(木)10:00~11:30                                      ※終了時刻は変動する場合がございます。予めご了承ください。会 場:Webセミナー主 催:NECネクサソリューションズ共 催:ダイキン工業株式会社 第1部:変化の激しい時代における 化学・素材メーカーの製品開発DXCOVID-19の影響により化学業を取り巻く事業環境が大きく変化している中、研究開発業務における効率化推進手段として「DX」というキーワードが出ている企業様が多数ございます。実際にDXを活用するとどんなメリットが得られるのか、お客様からよく聞く課題を通してご説明させて頂きます。説明:ダイキン工業株式会社 第2部:SpaceFinder 化学・化成品メーカーA社の導入事例第2部では、数百社のお客様に研究開発のデータ情報管理で活用頂いているSpaceFinderの導入事例をご紹介させて頂きます。手戻りの防止、流用開発の推進による大幅なQCD向上の実現、属人化の排除による企業の財産、付加価値であるナレッジ化の推進に成功したお客様事例のご紹介となります。説明:NECネクサソリューションズ 第3部:研究開発部門でのAI活用案と活用事例第3部では、第1部でお話した課題の内、既存製品の改良・開発、スケールアップに関する課題について、AIを使って解決する方法例をご説明します。実際にお客様で使って頂いた効果事例も併せてご紹介させて頂きます。説明:NECネクサソリューションズ
  • 83
視聴期間:2021年9月21日(火)~ 2021年10月15日(金)申込締切:2021年10月14日(木)会 場:Webセミナー(オンデマンド配信)※9月14日に開催したセミナーの録画映像配信です主 催:NECネクサソリューションズ共 催:ダイキン工業株式会社 第1部  製造業における顧客対応力強化・生産効率両立のための課題製造業においてマスカスタマイゼーションという言葉が着目されています。これは顧客要望対応と設計/生産効率追求を両立する概念ですが、自主企画製品を製造する企業においても個別受注生産型の企業においても実現には様々な課題が存在します。本セミナーでは製品構造と製造工程のモジュール化、BOMを軸とした企業内の受注~納入~サービスの情報一貫化、デジタル技術やモノ造り技術の活用など、実現するための考え方についてお伝えします。【講師】株式会社日本能率協会コンサルティング シニア・コンサルタント開発・設計マネジメント革新センター センター長 兼デジタルイノベーション事業本部柏木 茂吉 氏 第2部  製造業におけるコミュニケーション改革とICT活用のあるべき姿COVID-19の世界的な感染拡大を契機とした働き方改革の要請は、製造業に新しいコミュニケーションを考えるきっかけとなりました。日本のものづくりの強みであった「阿吽の呼吸」や「すりあわせ」が、従来のワークスタイルでは立ち行かなくなった今、エンジニアリングチェーン全体をデジタル化・可視化しながら組織間での情報連携を強化することが益々重要になります。本セミナーでは、特に個別受注型製造業において競争力強化の源となるリードタイム短縮・コスト遵守を実践するための具体的なICT活用事例をご紹介いたします。 【講師】ダイキン工業株式会社
  • 15
視聴期間:2021年9月21日(火)~ 2021年10月15日(金) 申込締切:2021年10月14日(木)会 場:Webセミナー(オンデマンド配信)※9月10日に開催したセミナーの録画映像配信です主 催:NECネクサソリューションズ 第1部  製造業におけるROIC経営 ~バッチプラント型製造業の改革方向性~ROIC*の活用ポイントは「事業別に・分けて・見る」ことにあり、経営で見る管理と現場で見る管理の展開に繋がりを持つことにあります。 第1部では管理面だけでなく、実際に現場での改善・改革のソリューションに活かすことを目的に、国内製造業の主要領域である多品種少量を軸に素材産業系である「バッチプラント型」を対象として、具体的な改革方向性を事例も含めてご紹介し下記2点について困りごとと改善・改革アプローチを掘り下げます。①コスト比率の最も高い原材料費の削減のポイント②バッチプラント型の特徴である設備と人の稼動率を最大限に高めるためのポイント   *ROIC(投下資本利益、Return on Invested Capital)【講師】株式会社日本能率協会コンサルティング チーフ・コンサルタント 生産コンサルティング事業本部 生産エンジニアリング革新センター 山本 真也 氏 第2部  国産フルWeb-ERPシステム「EXPLANNER/Z」のご紹介販売・会計に加え生産・原価計算も含めた製販一体の業務改善をご検討のお客様向けに、国産フルWeb-ERPシステム「EXPLANNER/Z」を、その全体像と特長、及び構成する各サブシステムの機能概要をご紹介します。今回は経営指標に役立つ原価計算の考え方に関しても深くご案内をさせていただきます。【説明】NECネクサソリューションズ 第三システム事業部 シニアマネージャー 玉井 淳二
  • 25
視聴期間:2021年9月21日(火)~ 2021年10月15日(金) 会 場:Webセミナー(オンデマンド配信)※8月25日に開催したセミナーの録画映像配信です主 催:NECネクサソリューションズ共 催:株式会社サトー 第1部   食品製造業における製造機能強化の現実解をさぐる食品製造業ではここ数年でDX化の流れとともに、改めて様々な自動化の取り組みが進みつつあります。しかしながら、手段先行で様々な設備やシステムを導入した結果、ちぐはぐな生産ラインが生まれてしまうという事が起きています。本セミナーでは、生産機能としての今後備えるべき基盤とその機能強化の方向性、具体的に取り組むべき重要な論点を取り扱い、食品製造業における生産性向上、付加価値向上にむけた現実解についてお伝えします。【講師】株式会社日本能率協会コンサルティング シニア・コンサルタント生産コンサルティング事業本部 プロセス・デザイン革新センター 島崎 里史 氏 第2部   本当に役立つ 製造管理システム『FOOD-Pro』のご紹介原材料入荷から製品出荷まで。工場内のモノの動きを管理する製造管理システムをご紹介します。・原材料のロット管理により、先入れ・先出しの実施で廃棄ロスの発生を防止します!・製造時の誤計量・誤投入を防止します!・上位システムとの連携により、入力業務を削減します!・クレームや事故発生時の原因調査・回収など、トレサビリティ情報の迅速な把握に!【説明】株式会社サトー
  • 17
開催日:2021年9月14日(火)11:00~12:30 (※終了時間は前後する場合がございます。予めご了承ください。) 会 場:Webセミナー主 催:NECネクサソリューションズ共 催:ダイキン工業株式会社 第1部  製造業における顧客対応力強化・生産効率両立のための課題製造業においてマスカスタマイゼーションという言葉が着目されています。これは顧客要望対応と設計/生産効率追求を両立する概念ですが、自主企画製品を製造する企業においても個別受注生産型の企業においても実現には様々な課題が存在します。本セミナーでは製品構造と製造工程のモジュール化、BOMを軸とした企業内の受注~納入~サービスの情報一貫化、デジタル技術やモノ造り技術の活用など、実現するための考え方についてお伝えします。【講師】株式会社日本能率協会コンサルティング シニア・コンサルタント開発・設計マネジメント革新センター センター長 兼デジタルイノベーション事業本部柏木 茂吉 氏 第2部  製造業におけるコミュニケーション改革とICT活用のあるべき姿COVID-19の世界的な感染拡大を契機とした働き方改革の要請は、製造業に新しいコミュニケーションを考えるきっかけとなりました。日本のものづくりの強みであった「阿吽の呼吸」や「すりあわせ」が、従来のワークスタイルでは立ち行かなくなった今、エンジニアリングチェーン全体をデジタル化・可視化しながら組織間での情報連携を強化することが益々重要になります。本セミナーでは、特に個別受注型製造業において競争力強化の源となるリードタイム短縮・コスト遵守を実践するための具体的なICT活用事例をご紹介いたします。 【講師】ダイキン工業株式会社  関連情報 コラムまとめページはこちら 
  • 57
開催日:2021年9月10日(金)11:00~12:30 (※終了時間は前後する場合がございます。予めご了承ください。)会 場:Webセミナー主 催:NECネクサソリューションズ 第1部  製造業におけるROIC経営 ~バッチプラント型製造業の改革方向性~ROIC*の活用ポイントは「事業別に・分けて・見る」ことにあり、経営で見る管理と現場で見る管理の展開に繋がりを持つことにあります。 第1部では管理面だけでなく、実際に現場での改善・改革のソリューションに活かすことを目的に、国内製造業の主要領域である多品種少量を軸に素材産業系である「バッチプラント型」を対象として、具体的な改革方向性を事例も含めてご紹介し下記2点について困りごとと改善・改革アプローチを掘り下げます。①コスト比率の最も高い原材料費の削減のポイント②バッチプラント型の特徴である設備と人の稼動率を最大限に高めるためのポイント   *ROIC(投下資本利益、Return on Invested Capital)【講師】株式会社日本能率協会コンサルティング チーフ・コンサルタント 生産コンサルティング事業本部 生産エンジニアリング革新センター 山本 真也 氏 第2部  国産フルWeb-ERPシステム「EXPLANNER/Z」のご紹介販売・会計に加え生産・原価計算も含めた製販一体の業務改善をご検討のお客様向けに、国産フルWeb-ERPシステム「EXPLANNER/Z」を、その全体像と特長、及び構成する各サブシステムの機能概要をご紹介します。今回は経営指標に役立つ原価計算の考え方に関しても深くご案内をさせていただきます。【説明】NECネクサソリューションズ 第三システム事業部 シニアマネージャー 玉井 淳二 関連情報 コラムまとめページはこちら 
  • 56
 ご好評につき、オンデマンド配信をご案内しております≫詳細はこちら開催日:2021年8月25日(水)11:00~12:15         (※終了時間は前後する場合がございます。予めご了承ください。)会 場:Webセミナー主 催:NECネクサソリューションズ共 催:株式会社サトー 第1部   食品製造業における製造機能強化の現実解をさぐる食品製造業ではここ数年でDX化の流れとともに、改めて様々な自動化の取り組みが進みつつあります。しかしながら、手段先行で様々な設備やシステムを導入した結果、ちぐはぐな生産ラインが生まれてしまうという事が起きています。本セミナーでは、生産機能としての今後備えるべき基盤とその機能強化の方向性、具体的に取り組むべき重要な論点を取り扱い、食品製造業における生産性向上、付加価値向上にむけた現実解についてお伝えします。【講師】株式会社日本能率協会コンサルティング シニア・コンサルタント生産コンサルティング事業本部 プロセス・デザイン革新センター 島崎 里史 氏 第2部   本当に役立つ 製造管理システム『FOOD-Pro』のご紹介原材料入荷から製品出荷まで。工場内のモノの動きを管理する製造管理システムをご紹介します。・原材料のロット管理により、先入れ・先出しの実施で廃棄ロスの発生を防止します!・製造時の誤計量・誤投入を防止します!・上位システムとの連携により、入力業務を削減します!・クレームや事故発生時の原因調査・回収など、トレサビリティ情報の迅速な把握に!【説明】株式会社サトー 関連情報 コラムまとめページはこちら
  • 119
2020/10/21 00:00 - 2021/12/28 00:00
製造業向けサービスソリューション
製造業向け サービスソリューション#M2-1 製造・装置業における、AIの多彩な活用例 【概要】製造・装置業では、AIの導入検討が進む企業が増加する一方で、どんな領域に適用してよいかわからない、という声もよく聞きます。この動画では、AIとIoTの関係、その効果と向き不向きについて解説した後、費用対効果を最大化しやすい活用例についてご説明します。動画再生はこちら #M2-2 食品ロス・廃棄の削減に向けて、今取り組むべきこととは? 【概要】生産計画の現場で発生している課題を解決するには、属人化している需要予測と業務の改善が必要です。精度が高く、予測の判断結果を説明できる需要予測AI技術と、販売計画から生産、供給までの計画業務をカバーし、関係者間で情報共有できる需給ソリューションをご紹介します。動画再生はこちら #M2-3 IoTはここから始める!現場の可視化・データ収集・発報システム  【概要】遠隔監視制御システム コルソスで、手軽に現場の可視化!自社工場の設備の警報管理のみならず、現場で稼働している自社製品の状態管理も実現します。動画再生はこちら #M2-4 化学業様向け 生産計画スケジューラのご紹介 ~不安定なサプライチェーン時代を乗り切るために~【概要】市場環境の変化や海外メーカーの脅威が増しているなか、国内メーカーではさらなる競争力強化が求められております。そんな中、パンデミックによりサプライチェーン分断リスクが顕在化しており、新たな脅威へ対応する必要性に迫られています。本セッションでは具体的な生産計画業務における新たな課題やその対策手法について、デモを交えご説明します。動画再生はこちら ≫関連情報はこちら#M2-5 食品トレーサビリティシステム「Trace eye FOOD-Pro」【概要】原材料入荷から製品出荷まで。工場内のモノの動きをトータル管理します。・FSSC22000認証、JFS-B/C規格の取得・維持に向けたトレサビリティの運用サポートに・原材料のロット管理により、先入れ・先出しの実施でフードロス対策に・クレームや事故発生時の原因調査・回収など、トレサビリティ情報の迅速な把握に動画再生はこちら ≫関連情報はこちら#M2-6 商品情報管理システム「MerQurius」【概要】品質情報管理による食の安心・安全をMerQuriusで確立!食品製造業の商品開発における商品企画・試作・配合設計・表示作成・顧客向けカルテ作成などの業務を支援。2020年5月に表示作成&商品カルテ機能を完全リニューアルした新エントリーモデル『MerQurius Entry Edition』をリリース、品質保証部門の業務改革を実現します。動画再生はこちら ≫関連情報はこちら#M2-7 業務改革システム「SpaceFinder」【概要】製造業売上高上位50社中26社が導入している業務改革ソリューション「SpaceFinder」。開発テーマ管理や不適合管理業務に適用することで「開発のスピードアップ」「継続的な品質とコスト改善」をご支援します。動画再生はこちら ≫関連情報はこちら#M2-  9 IoT技術と融合した製造実績収集ソリューション【概要】QCD向上に必要な設備の稼働状況・稼働時間、作業者の作業時間、使用した資材情報等、製造現場の情報を簡易に収集。設備稼働の見える化、設備停止要因の把握、作業者の状況把握、品証管理・トレーサビリティの向上、進捗管理、リードタイム短縮等、製造現場の見える化・改善スピードアップに貢献するMESシステムです。動画再生はこちら ≫関連情報はこちら#M2-10 在庫適正化・発注支援ソリューション 「ストックコントローラ」【概要】AI活用による在庫適正化・発注業務効率化を実現。在庫補充の適正化と効率的な発注が行えます。需要変動に合わせて自動的に発注量を算出し、極力メンテナンスをおこなわない適正在庫管理が可能です。動画再生はこちら ≫関連情報はこちら#M2-11 倉庫管理ソリューション 「ULTRAFIX/WMS」【概要】庫内業務に負担を掛けずをコンセプトに、お客様環境・状況にあわせた形でシステムを提供。「スピーディー」かつ「正確」「柔軟」な入出荷業務・在庫管理を支援します。動画再生はこちら ≫関連情報はこちら#M2-12 輸配送管理システム 「ULTRAFIX/TMS」【概要】配車・配送計画を核として積付、輸配送進捗管理のTMSトータルソリューションによるコスト削減、サービス品質の向上を実現。輸送形態や積載率など、さまざまな切り口で分析を行うことにより、高い輸送品質を維持しながら無駄なコストの削減ができます。動画再生はこちら ≫関連情報はこちら#M2-13 受注業務効率化ソリューション 「ULTRAFIX/OM」【概要】手書きFAX・電話メモの受注入力作業効率化を支援。FAXイメージを参照しながらの入力、手書き文字のあいまいなキーワード検索や過去販売履歴を使った入力など、誰でも簡単に入力でき受注業務の効率化が図れます。FAXのペーパーレス化や業務プロセスの改善によりテレワーク促進を支援します。 動画再生はこちら ≫関連情報はこちら
  • 1333